電力自由化をわかりやすく【エネスケが行く】突撃!隣の電気料金

「電力自由化」総合メディア|電力会社や電気料金プランの比較・選び方、節電方法、エネルギー問題など幅広くご提供

post-125

24時間ハロゲンヒーターつけっぱなしの電気料金が・・・

オール電化にすると、結局ガス代がなくなっても電気代が増えるから意味がないんじゃないの?という疑問はよくあるところですが、実はガスの基本料金がなくなるだけでもずいぶんコストは下がるものです。

私は36歳の主婦で、我が家は私達夫婦と、0歳の息子がいる三人家族です。

家を新築した時点では、夫婦二人暮らしでした。このときにオール電化に決めた理由は、以前に住んでいた賃貸で、ガスコンロの掃除にかなり手間取らされたイメージがあったからです。

頻繁に揚げ物をするので、油汚れがコンロや五徳にこびり付き、力任せにたわしでこすっても、洗剤を入れたお湯につけ置きしても、全然綺麗にならないことが、私のストレスになっていました。またオール電化だと、ガスの基本料金などもかからないので、結局光熱費が安く抑えられますし、火事の心配もないことから、主人も強くオール電化を勧めてきました。

オール電化にしてみて良かったところは、やはりIHコンロの利便性と光熱費のことです。揚げ物をしても、固く絞った布巾でサッとふき取るだけで良いので、とても楽です。3年間使いましたが、表面に若干こすりキズが入ってしまっているものの、汚れは何もついていません。

また、煮物などは完全に煮込んでしまわなくても、ある程度で火を止め、鍋の蓋を閉じておけば、余熱でしっかりと火が通って味が染み込むところも、気に入っています。小さい鍋で麺類を茹でると、ガスの場合、鍋からはみ出した麺を焦がしてしまうことがよくありましたが、もちろんそれもありません。

光熱費に関しては、かなり安くなりました。息子が年末に生まれ、自宅に帰ってから、24時間エアコンかハロゲンヒーターをつけっぱなしにし、更にお尻拭きウォーマーと調乳用ポットも、24時間オンの状態でした。もちろん、大人も普通に生活しているので、いつもの生活で使う電気に、赤ちゃんのための電気がまるまるプラスされた形になります。

オール電化といえど、さすがに電気代はとんでもないことになるのではと、請求を恐れていましたが、一番高い時でも19000円ですみました。

オール電化のマイナス点は、停電になった時はどうにもならなくなるということしか、思いつきません。本当にオール電化にして良かったと思っています。

この体験談のポイント
家電を24時間つけっぱなしというのはちょっとお勧めできませんが(汗)、小さいお子様やペットのいる家庭ではちょっと仕方がない面もありますね。そうした場合にもオール電化だと光熱費が安く抑えられたという感想をお持ちのようです。

 - 私の節電・節約体験談 ,