電力自由化をわかりやすく【エネスケが行く】突撃!隣の電気料金

「電力自由化」総合メディア|電力会社や電気料金プランの比較・選び方、節電方法、エネルギー問題など幅広くご提供

グリーン電力証書システムとは

グリーン電力証書システムとは、自然の力を利用して発電されたグリーン電力の環境付加価値を、証書発行事業者がグリーンエネルギー認証センターという第三者機関の認証を得て、グリーン電力証書という形で取引する仕組みのことです。

グリーン電力は、火力発電で得られる電力とは違い、発電時に二酸化炭素を排出せず、環境面で付加価値を持っていると言えます。グリーン電力証書システムでは、その付加価値をグリーン電力証書という形で取引することになります。

証書発行事業者とは、グリーン電力証書を発行することを事業としている事業者で、自然エネルギーによる発電を行っている事業者に対して発電の業務を委託するのが一般的です。発電を委託された事業者は、証書発行事業者に対して発電量の実績を報告し、その報告を受けて証書発行事業者は、発電を委託した事業者からグリーン電力の環境付加価値を購入します。

証書発行事業者は、購入した環境付加価値の実績を、グリーンエネルギー認証センターに報告します。グリーンエネルギー認証センターとは、グリーンエネルギーの普及拡大を目的に、一般財団法人の日本エネルギー経済研究所内に設立された第三者機関です。そして、グリーンエネルギー認証センターの認証を受けて、証書発行事業者は購入した環境付加価値をグリーン電力証書として販売できるようになります。

グリーン電力証書を購入するのは、主に企業や自治体です。グリーン電力証書を購入すれば、たとえその企業や自治体が自然エネルギーによる電力を利用していなくても、グリーン電力を利用しているという扱いを受けることができます。

自然エネルギーはクリーンなエネルギーである反面、安定した供給にはまだまだ課題が多いため、企業や自治体は積極的に使いにくい現状があります。そこでグリーン電力証書を購入することで、安定な電力を購入しながら環境に良い行いをしていることを世の中にアピールできるのです。

 - 電気・電力用語集