電力自由化をわかりやすく【エネスケが行く】突撃!隣の電気料金

「電力自由化」総合メディア|電力会社や電気料金プランの比較・選び方、節電方法、エネルギー問題など幅広くご提供

post-261

スマホの電池を長持ちさせる!ちょっとした工夫5つ

「スマホの充電がすぐ切れる」「コンビニで買ったスマホ充電器が3つも4つもある」など、スマホの充電の持ち時間には不満のある方も多いですね。ユーザーの皆さんに電池を長持ちさせる秘訣をアンケートしてみました。

1.こまめに機内モードに切り替え

スマホを普段持ち歩いている時は様々な方法で通信をすることがあります。公共のWi-Fiを拾おうとスマホが頑張ったり、アプリのアップデートがあるとすぐにそれを判断し、バックグラウンドで更新というものですが実はこれは電池をありえない速度で消費してしまいます。

機内モードをオンにするだけでバッテリーは簡単に節約可能です。送受信を一気に行えなくするので手軽に行いたい場合で、電池の消耗も避けたいここぞという時に便利です。iPhoneはホームボタンを押して画面を開き、下からスワイプすることでメニューから機内モードをオンにするだけなのでとても簡単です。(25歳プログラマー男性)

仕事中はiphoneの電源を入れていると電池を余分に使うので電源を落としていましたが、同僚に、休憩中にiphoneの電源入れたり、落としたりが面倒だと話をしたら、機内モードが便利だと聞いて実践しました。そうすると機内モードでは、ラインなどでチャットも受信できないし、電話も電源を落としているのと同じ扱いになってしまうのですが、結局、仕事中でラインも見れず、返信などもできないので、逆に休憩の時に機内モードを外すだけでズラズラっとラインのメッセージが来たりするのを見るのが楽しく、iphoneの電池も仕事中はほぼ減らないので電池節約になっている気がします。

それまでiphoneの電池は、朝100%で家を出て、出勤最中にゲームをしたりで、昼までに既に70%を切ってました。お昼休憩でiphoneをガンガン使用すると、一気に30%くらいまで減ってしまうことも多かったのですが、こうして機内モードを覚えてからは、iphoneの電池のもちが格段に良くなりました。(埼玉県20代アパレル販売員)

機内モードにしてしまうと一切の通信ができませんので、それが困るという方はwi-fiだけでもオフにしたいところ。普段家でWi-fiを使用していても、外出する際には必ずWi-fi機能をオフにしましょう。Wi-fiの電波を探すのには結構バッテリーを消費するんだそう。至近距離ですぐつながる場合は良いですが、外出時には切っておいた方が節約になるそうですよ。

2.Twitterやfacebookの更新情報の受け取り方にも注意

TwitterやFacebookの自動更新もバッテリーに負担がかかると聞いたので、最速ではなく手動更新に設定しています。バッテリーの持ちを優先させると、逐一設定を切り替えたり、手動操作が増えるなどめんどうなことも多いですが、これで少しでも長く使えるようになるのなら…と思い続けています。(千葉県20代主婦)

これは知りませんでした。Twitterやfacebookだけでなく手動にできるものはすべて手動にしておくと電池が長持ちするというのは納得ですし、早速やってみようと思います。

3.起動しているアプリをこまめに停止

50代の両親と一緒に暮らしているのですが、仕事柄携帯電話を使う機会も多く、両親も高齢になってきており、緊急の連絡を要することがあるので、いつでも携帯電話を使える状態にしています。

私は普段スマートフォンを使用しているのですが、電池の消費が早く節約方法をネットで調べてみて知ったことです。スマホの電池の消費を抑えるために大事なことは、起動中のアプリを消すことです。ホームボタンを長押し(iPhoneだと2回クリック)すると起動中のアプリが表示されるので、この起動中のアプリを停止させるだけです。私はこれをこまめに行うだけで、1日で20%ほど電池の消費を抑えることが出来ました。(東京都20代会社員)

普段アプリを使用した後、ホームに戻るだけという方も多いでしょうが、実はそれだけではアプリは起動しているのです。バックグラウンドで起動しているアプリを停止するだけでも節電・電池長持ち効果ありです。

4.BluetoothやGPSも忘れずにオフ!

私も妻も購入して2年くらいのスマートフォンを使っているのですが、電池の減りが激しく常に充電器に繋いでいる状況でした。普段から使わない機能をカットするようになってからはとても電池が長続きしています。

その使わないものの典型的な機能がWi-Fi・Bluetooth・GPSの3点です。以前雑誌でこれらの機能は通信をしようとするため、カットするだけで電池が長持ちすると載っていました。プライベートの時には使用しない機能なので、オフにするだけの簡単な作業です。以前は充電器に繋ぎっぱなしでしたが、寝る前に充電するくらいで1日1回の充電で良くなっています。これでコンセントの近くで携帯をいじらなくて良くなりました。(広島県30代会社員)

Bluetoothもiphoneなら下からスワイプしたメニューですぐに切れますね。もっとも、テザリング機能を使うと自動的にオンになってしまうので、使い終わったらオフに戻すことを忘れずに行いましょう。

5.画面の明るさやキータッチ音操作は基本中の基本

最近夫の勧めによりシムフリー対応の機種に買い替えました。以前持っていたキャリアの機種に比べて高価だったので、長く使うためにもバッテリーの扱いには気を使っています。とにかく最初に画面の明るさは最小限の明るさに設定、キー操作音も無音に設定しました。(神奈川県30代主婦)

画面の明るさが明るいほど電池は消耗するのが早くなるので、設定をタップして明るさを自分の見やすいレベルに調整しています。(北海道20代学生)

このあたりは基本中の基本ですが、思いの外スマホの電池の長持ちには効果があります。また、ノートパソコンやタブレットなどの電池の持ち時間に不満がある場合には同様に使えますよ!

 - 私の節電・節約体験談 , ,