電力自由化をわかりやすく【エネスケが行く】突撃!隣の電気料金

「電力自由化」総合メディア|電力会社や電気料金プランの比較・選び方、節電方法、エネルギー問題など幅広くご提供

スマートシティとは

スマートシティとは、様々な最先端技術を駆使して街全体の電力消費を最適化し、省エネルギー化を徹底できるように建設された環境配慮型都市のことです。

太陽光発電や風力発電といった自然エネルギーを利用するのはもちろんのこと、電力の需要と供給のバランスを制御して効率的な電力消費を実現できるスマートグリッドを取り入れたり、スマート家電や蓄電池システムをビルトインしたスマートハウスを配置したり、電気自動車の充電設備を整えたりと、あらゆる最先端技術を取り入れて街づくりを行っているのが特徴です。

日本では、横浜市、豊田市(愛知)、けいはんな地区(奈良、京都)、北九州市の4都市で政府機関や複数の民間企業が一体となって、スマートシティの実証実験を進めています。スマートシティにおいては、自動車やスマート家電、ITシステム、新素材など、様々な分野においてそれぞれの企業が果たすべき役割があるため、これからの日本産業を支える核となる存在として期待されています。

世界的に見ても、スマートシティの発展は非常に重要です。なぜなら今後も世界的には人口がどんどん増加するのにも関わらず、エネルギーは限られているからです。再生可能エネルギーを使いつつ、消費電力を最適化して稼働できるスマートシティの一刻も早い実用化が求められています。


 - 電気・電力用語集 ,