電力自由化をわかりやすく【エネスケが行く】突撃!隣の電気料金

「電力自由化」総合メディア|電力会社や電気料金プランの比較・選び方、節電方法、エネルギー問題など幅広くご提供

panel-hojokin

ソーラーパネル設置の補助金はもう終わっていた?

あるときに自宅でネットサーフィンをしている時に、ふと太陽光発電システムに関する広告を目にしました。その広告によれば、太陽光発電のためのソーラーパネルを設置するのに必要な料金を、一括で見積もることができるというような事が書かれていたのです。

太陽光発電に関しては売電ができたり光熱費を抑えられるというような理由などから、個人的にも前々から気になっていたのですが、それを設置してもらうためにどのような業者に依頼すればいいのかが分からず、調べるのも面倒なので結局何もしませんでした。

しかしこの一括見積もりをする事で、どのような業者が一番安いのか等が分かるというのです。
これだと素人の私でもどのような業者にソーラーパネルの設置を依頼して良いのかを大まかに決めることができます。

もちろん費用が安ければそれがベストということにはならないでしょうが、それでも業者選びをする際には参考になる部分は少なからずあると思いました。このようなことから太陽光パネルの設置を本格的に検討しようと思い、この太陽光発電システムにかかる料金について少し調べてみる事にしたのです。

するとまずこれを設置するための初期費用が約200万円、そしてこのシステムを維持するためのランニングコストが約10年に付きおよそ10万円以上はかかるようでした。メーカーはシャープやパナソニックなどの名だたる日本企業もありましたが、聞いたことのない会社もありました。

また太陽光発電システムというと多額の補助金が降りるものだと思っていましたがそれは実は一昔前の話で、現在では補助金の額が少なくなってきているか、場所によっては全く補助金を受けられないところもあるようです。ちなみに私の住んでいる地域では一応補助金をもらえるようですが、想像していたよりもはるかに低かったです。

このように初期費用がかなりかかる上にソーラーパネルや周辺機器の維持費用もかかる上に、補助金もあまり受けられないという事から今の経済的な状況を考えて太陽光パネルの設置はあまり得策ではないと思いました。

極めつけに自宅の向きの問題により、一番発電効率の良い南向きには太陽光パネルを設置することができないらしいという事がわかったので、結局諦めることにしました。

ただ太陽光発電自体は個人的に魅力的だとは思っているので、もう少し経済的に余裕が出来て太陽光発電にかかる初期費用や維持費用がもう少し安くなるようであれば、再度検討してみようかとも思っています。

 - 太陽光パネル×売電ってどうなの? , , ,