電力自由化をわかりやすく【エネスケが行く】突撃!隣の電気料金

「電力自由化」総合メディア|電力会社や電気料金プランの比較・選び方、節電方法、エネルギー問題など幅広くご提供

solar04

住宅購入で同時にソーラーパネル設置を検討中

30台後半の男性で、自宅で自営で仕事をしています。中古住宅の購入にあたり、ソーラーパネルの設置について検討したことがあります。

電気を自前で作れるならやってみようかなと思いました。中古住宅といっても数百万円にもなって、出費が大きかったため、なんとか電気代だけでも楽になればと考えていました。最近の太陽光発電メーカーの設備は、以前に比べても格段に安くなってしかも性能も上がってきています。この売電収入が生活の助けになるのではないかと考えていました。

ソーラーパネルを設置してまずやりたかったのはもちろん自家発電です。自家発電によって電力のほとんどが賄えれば電気代が抑えられますから。そのほかに、電力会社への売電にも興味がありました。100万円の太陽光発電システムを導入して、一ヶ月あたり2万円程度でも売電収入になれば、月間の収支もかなり助かることになるからです。ブログで太陽光発電の様子と売電収入がどのくらいになるかを、公表していこうとも考えていました。どのくらいお得かを示す一例になって役立てばいいと思っていたからです。

しばらくは屋根にソーラーパネルが載っている様子を思い描いていましたが、ソーラーパネルの設置の話はいったんやめることにしました。100万円という初期の予算を考えると、売電収入がやや少なく感じました。売電収入は多ければ多いほど良いと考えていますが、もう少しきちんと太陽光パネルについて、検討してみようと考えています。

住宅購入をあきらめているわけではないので、ソーラーパネルの設置についても、完全にやめてしまったわけではありません。今後数年以内には、また検討をしていくつもりです。太陽光発電は再生可能エネルギーとしてもっと日本に普及していかないといけないものだとも思っていますので。今後ソーラーパネルの技術は向上して、パネルは高品質で安いという時代になっていくと思います。もっと太陽光発電の技術革新がスピードアップしていけばいいなと期待しています。

 - 太陽光パネル×売電ってどうなの? , ,