電力自由化をわかりやすく【エネスケが行く】突撃!隣の電気料金

「電力自由化」総合メディア|電力会社や電気料金プランの比較・選び方、節電方法、エネルギー問題など幅広くご提供

マンション一括受電とは

マンション一括受電とは、マンションなどの集合住宅に住む人が利用する電力を電力会社からまとめて購入して、そこから各世帯へと分配する電力購入の仕組みのことを言います。

マンション一括受電を利用するメリットとしては、電気料金を安くできるということがあります。その理由として、マンション全体の契約電力が50kWを超える場合には、電力会社と「高圧電力契約」と呼ばれる契約を結ぶことができるのですが、その場合の電気料金は、通常一つ一つの家庭が電力会社と個別に契約する「低圧電灯契約」の場合と比べて、1kWあたりで約7円安くなるということが挙げられます。

マンション一括受電を利用する場合、多くの場合は、電力会社と一括契約を行い、電気メーターなどの設備の設置や電気料金の徴収なども電力会社の代わりに行う、一括受電受託業者と契約することになります。

また、すでに住民が生活しているマンションが、新たにマンション一括受電を導入する場合は、その管理組合に提案を行い、総会で特別決議を行うとともに、居住者全員からの承諾を得る必要があります。なお、マンション一括受電を採用した場合、そのマンションに住む居住者は、個人で電力会社との契約を行うことはできなくなります。

 - 電気・電力用語集