電力自由化をわかりやすく【エネスケが行く】突撃!隣の電気料金

「電力自由化」総合メディア|電力会社や電気料金プランの比較・選び方、節電方法、エネルギー問題など幅広くご提供

post-397eye

中部電力が電力小売で首都圏に殴り込み?国際石油開発帝石(INPEX)との業務提携

中部電力とINPEXが、「電力小売の全面自由化に向け、電力販売事業で提携する」ってニュースで流れていたわ。INPEXって会社の名前よね?どんな会社?

INPEXは「国際石油開発帝石」というのが正式名称。資本金は2,900億円以上、従業員数も3,000名の大手エネルギー企業だよ。石油・天然ガス開発の国内最大手企業と言っていいね。

本当だ。ホームページにけっこう丁寧にいろいろ書いてあるわ。INPEX社は「エネルギーの上流部門」なんだって。

原油や天然ガスを掘り当てる探鉱活動からやっている会社だよ。そこから油田やガス田の買収〜掘って生産して運ぶところまで幅広くやっているみたいだね。

ん?ということは逆に言うと、電力やガスの「小売」はやっていないのかしら?なんで中部電力と業務提携することになるわけ?

中部電力とINPEXの業務提携、狙いは80万世帯の都市ガスユーザー

中部電力とINPEXの業務提携の狙いはどこだと思う?

うーんそうねえ・・・中部電力はすでに中部地方での電力の販売はできているわけだから、あるとしたらそのINPEXのガスを買っているお客さんへの電力の販売とか?

その通り!セっちゃんすごいね。中部電力は子会社のダイヤモンドパワー社を通じて、INPEXがガスを卸している首都圏の都市ガス事業者に電力を販売することを考えているらしい。

そうか、首都圏がいちばん需要がある地域なわけだから、中部電力としては首都圏に販売網を持っている会社と組んで攻め込んで行きたいってとこね。INPEXはそんなに関東でのガス販売に強いの?私たち一般家庭には馴染みのない名前だけど。

INPEXは現在、首都圏や北関東だけでなく、長野県や新潟県といった周辺の県にも天然ガスを供給しているんだけど、その数は大口の都市ガス事業者33社にのぼるんだ。

え?たった33社?

ああ、ごめんごめん。33社というのはガスを販売している事業者の数だから・・・。この33社からガスを購入している世帯数で言うと80〜85万世帯あることになるね。

そういうことか!つまりINPEXのガスが80万世帯に届いているということだから、すごい影響力ね。でも、その33社がすべて電気を販売しているわけじゃないんでしょう?中部電力の狙いが見えるようで見えないような・・・

その都市ガス事業者たちが電力の小売をスタートして、ガスと電気のセット販売を開始するというストーリーを考えているんだろうね。当然、中部電力としてはそのニーズを都市ガス事業者からヒアリングして話を進めているはずだよ。

東京電力管内は電力小売合戦の最激戦区に?

とはいえ・・・関東は東京電力が完全に抑えちゃっているんでしょう?入り込む隙間はあるのかしら?

首都圏は低圧=一般家庭も、高圧=オフィスビルなんかも多く、電力販売事業者にとってはいちばんお客さんの多い商圏になる。むしろ最激戦区になるんじゃないかな。どの電力会社も首都圏への電力販売は虎視眈々と狙っていろんな業務提携を仕掛けているよ。

東京ガスと東北電力の業務提携なんかもあったわね。お客さんの数が多いとはいえ、電力を調達できないと話にならないものね。

東京電力は電源調達能力にもっとも優れているぶん、関東以外への電力販売にも積極的に乗り出そうとソフトバンクやTポイントとの提携も進めている。関東圏外の一般電気事業者はじぶんのテリトリーに東京電力が進出してくるのはいちばんイヤなことだろうね。一方で、東京電力は一般家庭からの電気料金で利益の90%を賄っていると言われている。関東の一般家庭への電力販売網は死守しないといけないはずだ。

首都圏の電力小売の価格競争が進めば、東京在住の私たちの電気代はだいぶ安くなりそうね!(嬉)

健全な競争が起こることを祈りたいね。

※参考:電力自由化参入企業一覧

 - 最新!電力ニュース , ,