電力自由化をわかりやすく【エネスケが行く】突撃!隣の電気料金

「電力自由化」総合メディア|電力会社や電気料金プランの比較・選び方、節電方法、エネルギー問題など幅広くご提供

地熱発電とは

地熱発電とは、地中深くから取り出した高温の水蒸気でタービンを回すことによって発電する方法のことです。燃料に依存せず半永久的に利用することができる再生可能エネルギーとして注目を集めている方法です。

地熱発電のエネルギー源は、地下1000メートルから3000メートルぐらいに位置する地熱貯留層にある地熱流体と呼ばれる流体になります。地下深くまで井戸を掘って、その穴を介して地熱流体を地上まで汲み上げます。

地熱発電は、一般に広く用いられているフラッシュ発電と、最近普及してきているバイナリー発電の大きく2種類に分類されます。

  1. フラッシュ発電
  2. フラッシュ発電の場合、組み上げた地熱流体を、まず地上のセパレータを用いて気体と液体に分離します。分離した液体に関しては、汲み上げたのとは別の井戸を通して再び地熱貯留層に返します。セパレータで分離した高温の水蒸気を使ってタービンを回し、それで発電した電力を利用するのです。

  3. バイナリー発電
  4. バイナリー発電の場合は、直接高温の水蒸気を使うのではなく、水よりも沸点の低い二次媒体を用います。汲み上げた地熱流体の熱を使って、蒸発機内の二次媒体を蒸発させます。その蒸発した二次媒体でタービンを回す仕組みになっています。

通常、フラッシュ発電は200℃以上の高温の地熱流体をエネルギー源として発電されますが、バイナリー発電の仕組みを使えば、もう少し温度の低い地熱流体を使っても発電を行えます。なので、例えば温泉地などで、80℃をちょっと超すぐらいの温度の温泉を使ってバイナリー発電が行われていたりします。

日本における地熱発電の現状として、発電が行われている地域が東北地方と九州地方に集中しているということが挙げられます。それらの地域は、火山が多く地熱発電を行うのに適した土地といえるのですが、これまではそこまで盛んに開発が進められていませんでした。その理由が、東北や九州の火山帯が国立公園に指定されている場合が多く、そこでは発電が規制されているという現状があったからです。最近では、新しいエネルギーを積極的に利用するため、規制緩和が進められています。

 - 電気・電力用語集