電力自由化をわかりやすく【エネスケが行く】突撃!隣の電気料金

「電力自由化」総合メディア|電力会社や電気料金プランの比較・選び方、節電方法、エネルギー問題など幅広くご提供

yanehokyou_150

太陽光パネル設置に屋根補強工事で数百万円の追加出費

東日本大震災により原発リスクが大きくクローズアップされたあと、再生可能エネルギーの1つである太陽光発電に注目が集まりました。その注目された理由は、設置の簡易性と売電収入にあったと言えます。私自身も設置費用は売電収入で数年間でペイ出来るということに魅力を感じました。そして太陽光業者の方に見積もりを作成してもらったところ、当初の予想通り、数年間で設置費用をペイ出来るというものでした。

でも、その見積もりに大きな落とし穴がありました。確かに太陽光発電設備のパネル代及び設置工事費用を合算した金額は、売電収入を考えると10年ほどでペイできる計算でした。しかし、実際に設置をしようと考えて現場調査をしてもらったところ、我が家の屋根が古いものであり、補強工事が別途必要とのことでした。

太陽光発電のパネルは重量もそこそこあり、当然ですが、屋根がそれを十分に支えきれるものでないといけません。

その後、別途、屋根の補強工事の見積もりを工務店に出してもらいました。すると、それだけで数百万円かかるという見積もりが出てきました。この数百万円も含めて太陽光の売電収入でペイしようと思った場合、もともと想定していた期間の1.5倍以上の期間が必要ということになりました。

そこまで長い期間になると、その間に何か問題が発生するリスクも高くなります。また、途中で法律が変わったりして、思うように売電収入が得られないかも知れません。また、マンション等の建設によって、日照時間が減るかもしれません。こうした諸々のことを考慮した結果、太陽光パネルの設置を断念しました。

現在も我が家の屋根は当時のままです。もちろん、太陽光パネルも設置していません。法改正により売電収入は年々低下していっています。それでも太陽光パネルによる売電収入が魅力的なことには変わりないと思っています。もし引越しや新築をすることがあれば、その際にはきっと再検討することになると思います。

 - 太陽光パネル×売電ってどうなの? , , ,