電力自由化をわかりやすく【エネスケが行く】突撃!隣の電気料金

「電力自由化」総合メディア|電力会社や電気料金プランの比較・選び方、節電方法、エネルギー問題など幅広くご提供

panel-jidosha

太陽光パネル×電気自動車は最強?

38歳男性のサラリーマンです。家電メーカーで技術職をしています。

2年前に賃貸マンションから一戸建てに引越しをすることになりました。一戸建ては2階建ての自由設計の物件です。自由設計であるため、設計の段階から自分の要望を組み込んでいくことができました。その中で太陽光発電のパネルを屋根に設置する話も出ました。初期投資の費用はかかりますが、ランニングコストは非常に安いとのことで、興味を持ちました。

丁度その時期、電気自動車の購入を検討していたこともあり、ガレージに充電用ケーブルを設置して、太陽光発電で生成した電気を使えることにも魅力を感じました。また、大容量のバッテリーを搭載した蓄電装置を庭に設置して、そこに電力を貯めておき、災害時の停電にも対処できることにも魅力を感じました。さらに電力自由化によって、発電した電気のうち、家で使用しなかった余剰電力を買い取ってもらえるということで、売電による副収入としても良いと思ったのです。

以上の理由で、太陽光パネルを設置する方向で考えていたのですが、ある事が理由で設置を中止しました。

私の一戸建ては南側が駐車場であるため、とても陽当たりがよく、そのため太陽光発電には最適であると考えていたのですが、その駐車場の土地が売却され、病院が建つことになったのです。

病院は4階建てであるため、私の一戸建ては日照の面で影響を受けてしまいます。一戸建てから病院までの距離はおよそ15mです。方角などから日照時間を計算すると、最も太陽光が強い正午から2時過ぎの間、病院の影響で日影になってしまうことが分かりました。

こういう場合は日照の損失を補償してもらえるのか役所で確認したところ、無理であるとの回答でした。法律では日影規制という決まりがありますが、この病院と私の一戸建ての関係においては、1日3時間以上、病院が私の一戸建てに日影をつくらなければ問題ないとの事だったのです。そのため、太陽光パネルを設置しても、100%の発電を行えない事に不満を感じ、諦めることにしました。もしこの問題がなければ、設置したかったと今でも思っています。

 - 太陽光パネル×売電ってどうなの? , , , ,