電力自由化をわかりやすく【エネスケが行く】突撃!隣の電気料金

「電力自由化」総合メディア|電力会社や電気料金プランの比較・選び方、節電方法、エネルギー問題など幅広くご提供

jibun_logo

太陽光パネルを無料で貸出し!?新電力事業!日本エコシステム「じぶん電力」

2016年4月の電力自由化がスタートして、パターンとしては、「セット割」とか「ポイント還元」でお得になるものがほとんど…。実際、期待してたほどインパクトがなかったっていう人がほとんどじゃないかしら。

確かに、電力自由化の盛り上がりは前評判ほどでもなかったって人が多いと思う。でもね、実は新電力の企業の中にも、かなりユニークで、お得なサービスを提供している企業もあるんだ。

「じぶん電力」は太陽光発電×新電力のお得なサービス

今回注目したいサービスは、日本エコシステムの「じぶん電力」だよ。日本エコシステムはもともと、太陽光発電システムの販売・施工をやってきた企業で、約20年の実績がある会社なんだ。そんな実績やノウハウを活かしてスタートしたのが「じぶん電力」なんだけど、最大の特徴は太陽光パネルを初期費用をかけずに設置できるってことだよ。

んんっ?「じぶん電力」って、新電力事業なのよね?それで太陽光発電システムが設置できるってどういうこと?例えばENEOSでんきのように、ガソリン代がお得になるとか、ソフトバンクでんきのように、携帯とネットを契約したらセット割が効くとか、そういうのがほとんどでしょ?

「電力事業」と「太陽光発電」の関係がちょっと複雑だよね。じゃあ、まずは事業の全貌を説明していこう。

購入ではなく「屋根を貸す」契約?無料で太陽光パネル設置

太陽光発電システムを自宅の屋根に取り付けられるじぶん電力なんだけど、実は太陽光パネルを購入するわけじゃなくて、太陽光パネルの設置場所を日本エコシステムに貸し出すというのが正しい考え方なんだ。「ご自宅に当社の発電所を設置させてもらえませんか?」という切り口になる。

つまり、ローンや割賦払いで太陽光発電システムを購入するんじゃなくて、契約者が自宅の屋根を貸して、太陽光発電システムを置かせてあげるってことなのね。

そういうことだね。そして、屋根を貸し出す賃料をもらう代わりに、太陽光発電で発生した電力を自動的に使えるようにしてくれるっていうのが、じぶん電力のサービスだよ。

自宅の屋根の太陽光パネルで発電した電気を使えるのは、とてもクリーンでいいわね。でも、太陽光発電だけでは自宅のすべての電力をまかなえないんじゃない?

電力不足の心配は?エネットからの電力供給で安心?

太陽光発電は夜間や雨の日は発電ができない。だから、電力が不足するときは、別の電力会社のエネットから電力を供給することになっているよ。

じゃあ、日照に左右されてしまう太陽光発電でも、安心して電力供給は受けられるのね。それなら安心。でも、そうなると、結局、電気を購入することになるのよね?

通常、太陽光発電システムを自宅に自費で設置すると、太陽光パネルで発生した電気は無料で使用できる。しかも、発電して余った余剰分の電気は売電できて、お得に電気を使えるっていうメリットがあるよね。

そうね。太陽光発電を設置する人は、売電のことも考えているはずよ。

そうだね。ここで注意したいのが、日本エコシステムのじぶん電力の場合は、太陽光で発電した電力に対しても、エネットから供給する電力に対しても、お金を支払わなければいけないことなんだ。加えて、売電もできないから、たくさん発電して電気代を節約することはできないよ。

え!無料で太陽光発電の電気が使えるんじゃないの!?しかも、売電もできないって…。それってお得なのかしら。

そう思うよね。自宅の家の屋根で電気を発電しているのに、電気代を支払わなきゃならないなんてって。でも、それがトータルで見ていくと、じぶん電力は安心でお得ということもできるんだよ。

自己負担費用はあるの?じぶん電力の安心メリット

自分で太陽光発電システムを導入しようとすると、150〜200万円くらいの費用がかかるんだ。加えて、定期的なメンテナンスも必要だし、故障して修理になれば、それらの費用は全部自己負担になる。完全に壊れてしまったら、また買い換えなきゃいけない。

太陽光発電って、購入した後も費用がかかるのね…。

そうなんだ。ランニングコストも無視できないんだよ。でも、じぶん電力の場合は、日本エコシステムに屋根を貸すという契約になる。だから、加入後のメンテナンスも無料だし、トラブル対応も無料。もし、途中で機器が壊れても、無償で交換してもらえるんだ。

へー、すごい!電気代以外でユーザーが支払わなきゃいけない費用は0円なの?

普通に使っている分にはかからないけど、屋根を吹き替えたり、壁を塗り替えたり、ユーザー側の理由で工事が必要になる場合は、お客様の負担ということになっているよ。

なるほど。でも、トータルで見たら、安心でお得よね!太陽光発電をもともと導入したい人なら、こんな魅力的なサービスはないかも。でも、電気代が高くなるのは嫌だなっていうのが、主婦としての本音よ。ずばり、電気代は安くなるの?

「じぶん電力」への乗り換えで実際に電気代は安くなる?

気になる電気料金だけど、もちろん、じぶん電力は電気料金も安くなるよ。これまで、大手電力会社の従量電灯Bとか従量電灯Cで契約していた世帯なら、だいたい3〜5%くらいの電気料金が安くなるんだ。

自分の家の屋根で発電した純度の高いクリーンエネルギーを使えて、安くなるんでしょ。迷わず決めちゃいそうなんだけど、なにか契約に制約や条件はあるのかしら?

じぶん電力は、太陽光発電システムを契約できる世帯に限って提供しているサービスだよ。だから、マンションやアパートに住んでいる人には、契約は難しくて、戸建てに住んでいる世帯が契約対象になるね。じゃあ、次の項目で、契約の詳細を紹介していこう。

あなたの自宅には設置できる?じぶん電力の契約対象

じぶん電力の契約の条件としては、以下の項目をクリアしないといけないんだ。

  • 太陽光発電システムを自宅の屋根に取り付けられる
  • 築20年以下の住宅である
  • 20年契約を結ぶことができる
  • 契約者、または同居人が60歳以下である
  • 現在、太陽光発電、自家発電、蓄電機等を設置していない
  • 電力供給の対象エリアである

ちょっと驚きなのが20年契約っていう点なんだけど…。引っ越しとかで解約することになったら、どうなるのかしら。

実はじぶん電力は、20年契約が終わると、太陽光パネルを無料でユーザーに譲渡することになっているんだ。ただし、途中解約する場合は、太陽光パネルを買い上げることになる。でも、使用期間が長くなればなるほど、その買い上げ価格は安くなるから、もともと太陽光発電を導入しようと思っていた人なら損ではないと思うよ。

20年使えば太陽光発電が実質無料で手に入るのね。じゃあ、安くなった頃を見計らって解約することも問題ないのね。じゃあ、引っ越しをする場合はどうしたらいいのかしら?

引っ越しをする場合は、その後、その家を使う人に契約を移行させることもできるよ。それから例えば、屋根だけ吹き替えをしたいって場合は、脱着費用だけ支払えば、屋根を修理できる自由もある。20年契約っていうと身構えてしまうけど、とても良心的な契約内容だと思うよ。

じぶん電力の申込み手順と供給エリアは?

現在、築20年以内の戸建住宅に住んでいて、契約者も60歳未満で、太陽光発電を設置したいって人にはとてもお得なサービスだとは思うんだけど、設置するまでってどれくらいの期間がかかるのかしら?

では、実際に太陽光発電を始めるまでにどれくらいの手順が必要なのか見ていこうか。

  1. WEBページから申し込みをする
  2. コールセンターから条件などの再確認の電話が入る
  3. 担当者が訪問。実電気代のシミュレーションなどを行う
  4. 技術部が設置に関する設置可能かどうかの実地調査を行う
  5. すべての調査にクリアしたら契約し、電力会社切り替え
  6. 太陽光発電の工事をし、実際に発電を始める

このすべての工程を踏むと、トータルで2ヶ月くらいの時間が必要になるよ。でも、太陽光発電は長く使うものだから、調査がきちんと行われるのは安心だね。電力会社の切り替え〜太陽光発電システム設置までの間は、エネットが供給する電気を使用することになるよ。

実際、地域によって設置できないってことはあるの?そもそも、供給エリアはどうなっているの?

供給エリアはね、北海道や青森、秋田、岩手、山形、新潟、富山、石川、福井、沖縄以外のエリアなら申し込めることになっている。その他、日射量や積雪量、塩害なんかの環境要因で設置できないこともあるから、調査段階で設置できない可能性もあると認識しておこう。

非常用電源となるメリットも!低圧電力なら検討の価値アリ

電力会社の中には、概念としてクリーンエネルギーを謳っていることもあるけど、実際は太陽光発電だけじゃなく、火力発電やその他のエネルギーも活用して電力を供給しているのが現状なんだ。

でも、じぶん電力の場合は、太陽さえ出ていれば自宅の屋根で発電したての純度の高いクリーンエネルギーが使える。未来の地球環境を考えてもこういうエネルギーを選びたいわね。

それだけじゃなくて、じぶん電力の場合は屋根に太陽光パネルがあるでしょ?だから、停電などの非常時にも発電した電気を使えるんだ。災害なんかで電力が供給されなくなっても、太陽が出ていて、発電ができさえすれば、最大1500Wまでは電気を使うことができる。

非常用電源にもなるってこと!?それはすごく安心ね。

今は一般家庭からの申し込みが多いけど、じぶん電力は低圧電力を使用している施設なら導入が可能なんだ。だから、例えば地域の集会場や公民館、あと、小規模な店舗や幼稚園、クリニックみたいなところでも導入できるよ。

災害時にも電気が使えるとなると、緊急時に公共施設を利用する市民は安心よね。いい取り組みが生まれそう。

購入することなく太陽光パネルを自宅の屋根に設置できる、電気代が安くなる、非常用電源にもなる。この3つの特徴は、日本国内には日本エコシステムのじぶん電力にしかないメリットだよ。今は首都圏を中心に電力自由化の感心が高まっているけど、今後は戸建住宅の多い郊外や地方へも、電力会社の乗り換えが進んでいきそうだよね。

 - 電力小売の自由化