電力自由化をわかりやすく【エネスケが行く】突撃!隣の電気料金

「電力自由化」総合メディア|電力会社や電気料金プランの比較・選び方、節電方法、エネルギー問題など幅広くご提供

post-417

家電量販店の半額で太陽光パネルの設置に成功!

45歳、愛知県在住の会社員です。夫婦と子供2名の4人家族です。

太陽光発電は、2年程前に設置しました。製品は、panasonicの240Wのパネルを16枚。太陽光パネルを設置した理由は以下の通りです。

・会社の友人で設置している人間が多かったこと
・パネル単価が30万円を切っていたこと
・投資回収が7年くらいと言われたこと

他の友人に比べるとパネル搭載枚数は少なくなってしまいました。うちの発電量は3.6kWですが、他の友人は4~5kWのようです。売電単価は38円で、これは同じ時期に作った友人と同じ単価です。

実はもっともよく電気が売れるのは5〜6月?

昼間は発電しているので、電力会社から電気を買わずに、太陽光発電の電気を利用するだけで過ごすことが出来ます。もちろん太陽光で作った電力は売電していますが、買取会社は中部電力です。今では、パナソニックソーラーなどが1円高く買い取ってくれるというのもありますね。今後はここのスイッチも検討したいと思っています。

月々の売電は1万円弱です。一番よく売電できるのは実は5,6月です。私も売電を始める前までは夏がもっともよく電気が作れて売れると思ったのですが、5,6月がもっとも日照量が多いため売電効率が高いとのこと。

インターネットの一括見積もりサイトで施工業者複数に見積もりを取った

施工会社選びですが、インターネットで複数の会社に対して同時に見積もりを取りました。これは実際に屋根の形や向き、日照量などをチェックしないと正確な見積もりは出せませんので、実際に自宅に来てもらう必要がありました。複数の施工会社さんにアポイントを取るのは少し面倒もありましたが、1円でも安くいいパネルを設置したいという思いがあったのでそこはガマンです。

・自宅の住所を教えると、業者さんはgooglemapを使っておよその発電量を試算してくれるのには少し驚きました。現地調査も含めて試算金額を出してもらい、おおよその投資回収年数が分かります。
・私の場合は、契約した会社は東京ですが、現地調査や工事の施工は現地の洗練された業者が行うという形でした。実際にパネルを載せる屋根を見て、何枚載せることができるか確認をします。
・家の中に入って、家の中の電柱までの配線や屋根から家に設置するパワコンの距離や配線方法を確認します。私の場合は、家からお風呂の天井を経由してパワコンまで配線しました。

この現地調査は数時間で終わります。その後、東京の業者から正式な見積もりを取ります。各社いろんな提案をくれるので、数社に見積もりを取って値引き交渉をします。どこも価格は1割は下げてきてくれます。

一括見積もりから太陽光パネル設置までの流れ

その後、契約になりますが、私の業者はメールと電話と郵送(書類一式)のやり取りのみでした。最終的には家電量販店の半値くらいの値段での太陽光パネル工事が可能になりました。

家電量販店は型落ちの太陽光パネルが安価に売られていますが、私の家につけられたのは最新のパネルです。パネルの性能は年々上がっているようなので、古いものをつけるよりはやはり最新型をつけて発電効率を高めなくてはいけません。

・書類はどこに記載し捺印するかも親切に書いてあるので、よく分かります。こういう書類がちゃんとしていると信頼できそうな気がして安心できました。工事業者にはいろんな会社があるので要注意です。
・電話も夜の12時まで対応してくれるので、会社帰りでも対応してくれます。
・実際の太陽光パネル設置の工事じたいは、なんと一日で終わりました。パネルを搭載する人とパワコンを設置する人で計4〜5人くらいで行っていました。

あとは、パワコンの設置とテストを行います。ここまではすごく円滑に進んだのですが、中部電力との接続に日数がかかりました。工事をして数週間くらい後になります。太陽光パネルの価格や性能、工事の際の対応など特に不満もなく、今でも定期点検に来てくれます。太陽光発電は是非ともオススメしたいです。

 - 太陽光パネル×売電ってどうなの? , ,