電力自由化をわかりやすく【エネスケが行く】突撃!隣の電気料金

「電力自由化」総合メディア|電力会社や電気料金プランの比較・選び方、節電方法、エネルギー問題など幅広くご提供

solar02

転勤が多いと太陽光パネルの設置はリスクか?

関西在住の45歳主婦です。専業主婦なので特に働きに出ることはなく、日中も自宅で家事をしています。

私がそもそも太陽光パネルを設置しようと思ったきっかけは、やはり東北大震災です。原発の事故によってたくさんの人が苦しんでいるのを見て、少しでも原発に頼らない発電に協力したいと思い、全く環境に影響がない太陽光発電をしてみようと思ったのです。

また、頻繁に太陽光発電のコマーシャルをやっているのを見たのも理由の一つです。太陽光発電なら、周辺住民に迷惑もかかりませんし、たとえ地震が起きたとしても放射能漏れなどの心配がありません。

太陽光パネルを設置したら、家の電力は全てこの太陽光発電によって賄おうと思っていました。さらに、余った電力を電力会社に売電出来ると知っていたので、すぐに太陽光パネルの設置費用は回収できると思っていました。

しかし、話はそう簡単ではありませんでした。太陽光パネルの設置費用は数百万円もかかるし、たとえ公的補助があったとしても、自己負担分はかなりのものです。そんなお金うちにはないし、ローンを組んでまで設置するのはどうかと思い始めました。

さらに、うちの主人の仕事は転勤が多いので、たとえ太陽光パネルを設置したとしてもすぐに転勤になってしまえば使用することができません。家は誰かに借家として貸すつもりだったので、そうなると太陽光パネルも自分達では使用できません。

ですので、すごく使ってみたかったですが、太陽光パネルの設置は断念しました。断念した今、やはり転勤が少なくてもしもっと価格が安かったらぜひ太陽光パネルを設置したいと思います。太陽光パネルを皆が使えば原発の数も少なくできるだろうし、地震の多い日本に住んでいたとしても安心です。また、余った電力を売電できますので、毎日楽しみができます。

今後もっと太陽光パネルが安くなっていくことに期待したいですね。また、もう少し国の補助金を増やしてもらいたいとも思います。

 - 太陽光パネル×売電ってどうなの? , ,