電力自由化をわかりやすく【エネスケが行く】突撃!隣の電気料金

「電力自由化」総合メディア|電力会社や電気料金プランの比較・選び方、節電方法、エネルギー問題など幅広くご提供

solar06_150

隣の建物のせいで日照時間不足、太陽光パネル設置は断念

太陽光が出ている昼間、家庭で必要になる電力を自給自足できると聞いて、太陽光パネルの設置を検討していました。太陽光パネルだけでは電力が足りない場合は、もちろん電力会社から買電できますし、電力が余った場合は電力会社に売電して、上手くいけば黒字化も狙えるのが魅力的でした。しかも発電できている状態なら停電してしまっても自立運転モードに切り替えすることで電力が使えるのが良いですね。

太陽光パネルを設置してやりたかったことの1つに、「蓄電池との連携」があります。太陽光発電と蓄電池と一緒に導入すると、太陽光パネルで発電した電力を蓄電池に貯めることができる、深夜時間の電気料金が安いときに貯めることができるのが魅力的でした。

昼間の電気料金が高いときは電力を使わず、太陽光発電で自給自足すれば電気料金の大幅な節約が期待できそうだと思いました。さらに蓄電池に貯めてある分だけなら太陽の出ていない夜に停電してしまっても電力が使えるのが良いですね。

そこで、太陽光パネルの設置ができるかどうか施工会社に診断して貰いました。しかしその診断で、隣に高い建物があるので太陽光が遮られてしまうこと、日照時間の少ない地域であることで十分な発電が期待できないことを聞きました。せっかく高い費用をかけて太陽光パネルを設置しても、これでは電気料金の節約ができないばかりか、回収すら困難になりそうです。日照時間も隣の建物も自分で変えることはできないので断念しました。

太陽光パネルは最近ではかなり発電性能が上がってきているうえに価格も安くなっていると聞いています。今は条件が悪くて太陽光パネルの設置は無理でしたが、将来的には自分のような条件の悪い場合でも設置ができるようになると良いなと思っています。価格ももっと安くなりそうですし、手軽に設置できるようになるとさらに良いですね。

しかし、余った電力を電力会社に売電する際の買い取り価格がどうなるか不透明なのが難点ですね。もし将来的にどんどん引き下げられたり、中止されたりすると設置された方は困るのではないかと思っています。

 - 太陽光パネル×売電ってどうなの? , , ,