電力自由化をわかりやすく【エネスケが行く】突撃!隣の電気料金

「電力自由化」総合メディア|電力会社や電気料金プランの比較・選び方、節電方法、エネルギー問題など幅広くご提供

s_500_F_65050942_ev0pt8xd1W4cL8iuHkzz1UJSxC1nqpRK

小売電気事業者、89社登録。新電力は原発12基以上の電力供給能力

最新の電力自由化参入企業一覧はこちら

小売電気事業者として登録される会社が続々と増えています。12月18日には、電力取引監視等委員会が6回目の審査を完了。ここで16社が新しく小売電気事業者として「適格」とされ、審査を通過しました。

全6回の審査を通過した企業は全部で89社。審査待ちの企業はまだ100社を超えています。全部審査に通過するというものでもないかもしれませんが、合計すると200社近いですね。かなりの数の小売電気事業者が発足することになります。

今回、小売電気事業者として新たに審査通過した会社のラインナップは以下の通り。

  • テプコカスタマーサービス株式会社:2013年設立。東京電力の100%子会社。
  • KDDI株式会社:通信大手。NTTドコモやSoftBankなどと並び、どんな会社とどう提携していくのか注目を集めています。
  • 株式会社シナジアパワー:2015年10月設立。東京ガスと東北電力の合弁会社。
  • 株式会社エコア:2007年設立。九州地区における最大のLPガス販売会社。
  • サーラeエナジー株式会社:愛知県。中部ガスなどサーラグループの中で2015年に新たに設立された新電力。一般家庭向け市場への参入も。
  • 西部瓦斯株式会社:昭和5年福岡県にて設立、老舗のガス会社。
  • 新日鉄住金エンジニアリング株式会社:2006年設立、東京都の製鉄プラント会社。エネルギーソリューションも。
  • 東邦ガス株式会社:売上5,000億円を超える、愛知県の老舗のガス会社。
  • イワタニ関東株式会社
  • イワタニ首都圏株式会社
  • 川重商事株式会社
  • シナネン株式会社
  • 大一ガス株式会社
  • 株式会社地球クラブ
  • 株式会社とんでん
  • ミサワホーム株式会社

やはり電力会社・ガス会社も多いですが、それ以外の会社もかなり登録され始めています。

なお、現在登録完了の新電力89社の電力供給能力を合計すると、なんと1,240万kWと、原発12基ぶんにも登ることがわかっています。200社すべてが登録されると供給能力はさらに増えることになります。

もちろんすべての新電力が毎月フルで電力の販売・供給を続けるわけではありませんが、かなりの規模になってきたのは間違いありません。

 - 最新!電力ニュース