電力自由化をわかりやすく【エネスケが行く】突撃!隣の電気料金

「電力自由化」総合メディア|電力会社や電気料金プランの比較・選び方、節電方法、エネルギー問題など幅広くご提供

imgres-1

新電力「ミツウロコグリーンエネルギー」再エネ発電所保有・供給エリア拡大も本当の魅力は?

2016年4月を目前にして、いろんな新電力の料金プランを見てきたけど、「安い!」って思えるほど電気料金も安くないし、なんだかパッとしないわよね。

そうだね。実際、世間も注目はしているけど、「安いから乗り換えよう」というところまでは来てない気がする。でもね、ちょっと気になるニュースを目にしたんだよ。

どんなニュースなの?気になるわ。早く教えて!

一般にはあんまり馴染みがない「ミツウロコ」が新電力に乗り出した!?

実はね、ミツウロコって会社があるのを知ってる?

何の会社だっけ〜?聞いたことあるような、ないような…。

じゃあ、ちびまる子ちゃんのガソリンスタンドって言えば分かるかな?アニメの放送中にはテレビCMとかも放送されているんだけど…。

あー、なんか見たことあるかも!もしかして、「ミツミツミッツ…」っていう歌のCMじゃない?でも、東京にはないわよね?どこか、郊外に出かけた時に見かけたことがあるわ…。

そうそう、まるちゃんの歌が印象的だよね。確かに、一般消費者には馴染みがそこまでないかもしれないんだけど、ミツウロコっていうのは結構すごい会社なんだ。

何がすごいの?

1つは、創業したのは1886年で、90年もの歴史のある信頼性の高い会社だってこと。他にも、全国80万世帯にLPガスを供給している会社でね、エネルギーの会社としてはかなり力のある会社だよ。本社も東京の京橋駅直結のビルにあるんだ。

へ〜。それはすごいわね。でも、売っているのはガソリンやLPガスなんでしょ?もしかして、新電力にも乗り出している企業なの?

セッちゃん、勘が鋭いね。その通り。ミツウロコはね、バイオマス発電や風力発電もやっている会社なんだ。で、今回はその発電の基盤を活かして、新電力に参入する予定だよ。

再生可能エネルギーで電気を供給するのね!もっと詳しい話を効かせて!

再生可能エネルギーの発電所を多数保有も、民間発電所がバックアップ?

ミツウロコグループは、元はといえば練炭や豆炭、石油製品、LPガスなどのエネルギー全般を扱う会社なんだけど、ミツウロコグリーンエネルギーっていう子会社が、発電を行っている。ミツウロコグリーンエネルギーはね、風力発電(5ヵ所)、木質バイオマス発電(1ヵ所)、太陽光発電(2ヵ所)と、これだけの発電所を持っているんだ。

ふーん。これってすごいことなのかしら?ちょっと良くわからないんだけど…。

そうだね。年間に2億7000万kWhの再生可能エネルギーの発電をしているんだけど、新電力として参入するには、もっと電気を供給できないとダメって感じかな。実際、ミツウロコ自体も、昨年度は10億kWhを販売しているから、民間の発電所とバックアップ契約を結んで電気を供給するんだって。

そうなのね。再生可能エネルギーだけで安定供給は確かにむずかしいわよね…。エコな発電を心かげていて、とても魅力的な会社ではあると思うんだけど、他にはどんなメリットがある新電力なの?

ミツウロコグリーンエネルギーはね、とにかく供給エリアが広いことが魅力なんだ。

電力の供給エリア拡大に積極的!4月からは九州電力管内でも供給スタート?

2016年の電力自由化って、都市部がターゲットになっているわよね。地方の世帯は新電力と契約しづらい構図になっていたはずだけど…。

その通り。東京電力管内だけに電気を供給する電力会社もあるよね。でも、ミツウロコはさっき言ったみたいに、LPガスを全国に供給している会社でしょ?豊富な供給実績がある。新電力の供給エリアは、東北電力、東京電力、中部電力、関西電力管内で電力小売りをする予定だから、かなり供給エリアは広いと言ってもいいよ。

へ〜、東北から関西まで供給するの!結構広い電力供給エリアね。

それだけじゃない、九州エリアにも供給することを検討中らしくて、そうなるとかなり広い契約エリアになる。全国展開を積極的に考えている新電力ということになるね。

今まで新電力が使えないエリアだった人も、新電力に乗り換えられる可能性が出てくるのね。そうだ、料金についてはどうなるの?もちろん安いから取り上げたんでしょう?

やっぱり、電気料金が気になるよね。じゃあ、次は電気料金についても注目していこう!

ミツウロコの電気代は安い?気になる電気料金は、使えば使うほど安い?

最初にサクッと電気料金のことをいうとね、「使用量の多い世帯ほど、料金を割り引く」っていうのがミツウロコの新電力の特徴だよ。

電気使用量が多い世帯ほど割引になるっていうと聞こえはいいけれど、どれくらい電気を使う家庭なら安くなるの?かなり使う世帯じゃないと、割引にならない新電力の料金プランとかもあるじゃない?それじゃ意味ないもの…。

そうだね、ミツウロコの場合はね、120kWh以上なら割引きが適応される。他の新電力は、セット割引とか、ポイント還元とかで、電気料金自体は東京電力のプランと変わらないっていうケースが多かったけど、ミツウロコの場合は違う。この電気料金プランは、新電力業界でもトップクラスと言っていいほど料金が安いんだ。

待ってました!「新電力=意外と安くならない」っていうムードが業界全体に流れていたけど、ミツウロコは安いのね!120kWh以上ということは、何人かの家族で暮らしている世帯なら、安くなるんじゃないかしら…。

そうだね、120kWh以上だと、2人暮らしの世帯でも十分に電気料金が安くなる可能性があるよ。

私はね、こういうシンプルに安くなる電力会社を求めていたのよ。ねぇねぇ、実際どれくらい安くなるのか、具体的なプランを見ていきたいわ。

具体的な料金プランは?ミツウロコの基本料金は大手電力会社と同じ?

じゃあ、次は、東京電力管内の電力プランを例に出して見ていこうか。基本料金が気になる人も多いと思うんだけど、基本料金についてはミツウロコも東電も同じ料金体系になっているよ。

基本料金は値下げしないのね。

そうだね。で、違いが出てくるのが電力量料金なんだけど、以下のようになっているよ。

最初の120kWhまで 21.43円/1kWh
120kwhを超えて300kWhまで 22.63円/1kWh
300kWhまで300kWh超過分から 25.24円/1kWh

見てみると、使えば使うほど1kWhあたりの料金は高くなるっていうのは同じなのね。東京電力の電気料金と比較したら、結局どっちが安いのかしら?

そうだね。今まで通り東京電力と契約するか、ミツウロコと契約するかという観点で、比較してみようか。

ミツウロコと東京電力を比較!独身世帯はやっぱり乗り換えるべきじゃない?

基本料金はどちらも変わりないことを伝えたから、ここからは電力量料金を比較するよ。120kWhの電力量料金で比較すると、東京電力が19.43円/1kWh、ミツウロコは21.43円/1kWhという設定だ。

あら、120kWh以下の場合は、逆に東電の方が2円も安いのね!電気をあまり使わない独身世帯の人は気をつけないといけないってことか…。

そうだね。使用量が極端に低い世帯は、気をつけた方がいいね。で、注目してほしいのは120〜300kWhの料金なんだけど、東京電力は25.91円/1kWh、ミツウロコは22.63円/1kWhなんだ。

なるほど、120kWh以上使っているなら、3.28円も安いミツウロコを利用する価値があるってわけね。

いや、ただね、実際は電気は使えば使うほど高くなっちゃうから、194kWh以上使っている家庭なら、ミツウロコに乗り換えた方が安いと言えそうだね。

そっか、トータルで考えないといけないわね。121kWh使った場合は、120kWh使った場合と比べて、電力量料金も高くなってしまうし…。

そういうことなんだ。乗り換えるにしても、自分の家がどれくらい電気を使っているのか、それを知ることがまずは重要だからね。

ミツウロコには料金シミュレーションも!年間でいくら電気代がお得になる?

多く電気を使う家庭ではミツウロコがお得になるっていうのはわかったんだけど、何となくイマイチ、数字が小さいとインパクトないのよね…。具体的に東京電力と比較できたりしないかしら?

そうだね。じゃあ、ミツウロコグリーンエネルギーのサイトで、シミュレーションしてみようか。

あら、シミュレータがあるのね!それいいわ!やってみたい!

じゃあ、1月の電気代が1万円と入力して、シミュレーションしてみるね…。結果は、年間で4,700円も節約できる可能性があるみたいだ。

4,700円かぁ。他の電力会社のシミュレーションだと、6,000円くらいコストカットできる電力会社もあったから、可もなく、不可もなくってところかしらね。

そうだね。でも供給エリアは広いから、地域によっては、だいぶ電気代がお得になる世帯もあるかもしれないよ。まずは、毎月の検針票を用意して、どれくらいお得になるのかのシミュレーションをしてみるといいかもね。

そうね。まずは私も、家に帰ってシミュレーションを試してみる!

 - 電力小売の自由化