電力自由化をわかりやすく【エネスケが行く】突撃!隣の電気料金

「電力自由化」総合メディア|電力会社や電気料金プランの比較・選び方、節電方法、エネルギー問題など幅広くご提供

水素発電とは

水素発電とは、文字通り水素のエネルギーを利用して発電を行う方法のことです。水素と空気中の酸素とを反応させることで発電を行う仕組みで、燃料電池の基本原理と同じ仕組みです。そういう意味では、燃料電池を使った発電と言うこともできます。水素を燃焼させても二酸化炭素は出ず、水が生成されるだけですので、クリーンなエネルギーと言えます。

水素発電の燃料は、自然界中から直接取ることはできませんので、製造する必要があります。現在行われている一般的な方法としては、石油や天然ガスから取り出す方法がありますが、結局、化石燃料を消費することになってしまうという欠点はあります。

今後、安くて大量の電力を、例えば太陽光発電や風力発電などの自然エネルギーを使って作ることができれば、水を電気分解することで水素を得ることができるので、安価に半永久的に水素燃料を得られる方法として期待されています。

また、水素発電機(燃料電池)は、新しい発電方法の補助的な役割を担う機器として用いられることも多くなっています。発電した電気は貯蔵することはできませんが、電気を使って水を電気分解し、水素を発生させれば、その水素は貯蔵できるからです。太陽光発電や水力発電などで発電した電力を、必要なときに使えるようにしておく設備として、水素発電機が利用されるケースが増えてきているのです。

また、従来の水素発電機だけでなく、様々な形の水素発電機が出てきています。

例えば、京都市発のベンチャーであるアクアフェアリーが、ロームと共同で開発した固体水素源型燃料電池は、非常に小型で持ち運びが容易な水素発電機で、震災など非常時におけるスマートフォン充電用途を目的に開発されました。

家庭用燃料電池として知られるエネファームも、水素発電機の新たな形の一つです。都市ガスから水素を取り出して発電することができるので、停電や災害などの非常時にも電気を利用できるメリットがある他に、排熱を利用してお湯を温めることも可能です。

国の方針として、水素エネルギーを使う水素社会を実現しようという試みがあるため、今後、水素発電の実用が進んでいくことが期待されています。

 - 電気・電力用語集