電力自由化をわかりやすく【エネスケが行く】突撃!隣の電気料金

「電力自由化」総合メディア|電力会社や電気料金プランの比較・選び方、節電方法、エネルギー問題など幅広くご提供

水素社会とは

水素社会とは、水素がエネルギー資源として一般的に広く使われるようになった社会のことを言います。日本政府が2014年に原案をまとめたエネルギー基本計画の中で、水素社会を実現することを目標とすることが書かれています。

水素は燃やしても水しか排出しないので、クリーンなエネルギーとして注目を集めています。水素エネルギーの応用のされ方として一番期待されているのは、水素自動車燃料電池自動車など自動車業界の分野になります。その他の水素エネルギーの応用方法としては、定置型の燃料電池や、緊急時に電気を供給する非常用発電設備などが考えられています。

水素社会の実現を考えたときに、重要になってくるのは、水素をどのようにして作り、どのように貯めておくかということです。

水素は天然からは産出しないので、作り出すことが必要です。今のところ一般的な方法として、天然ガスから取り出す方法と、水の電気分解を行って取り出す方法があります。天然ガスから取り出す方法では、結局のところ化石燃料に頼らざるを得ないということや、精製する際に二酸化炭素が排出されてしまうという問題点が存在します。また、水の電気分解を行う方法では、莫大なエネルギーを消費するためコストが増大してしまうという問題点が存在します。

水素を貯める方法については、水素吸蔵合金と呼ばれる、水素ガスを内部に閉じ込めることができる金属を用いた貯蔵システムの研究開発が、多くの企業や大学などで進められています。ただし、水素分子は小さいために物質の中に入り込んでしまい、結果として材料がもろくなってしまうという問題があります。また、水素は沸点が低いので、液体として貯蔵する場合は低い温度にした高い気圧のボンベ内で貯蔵する必要があります。

水素社会実現のためには、水素資源を各個人が使える形で供給する仕組みを作ることも重要になってきます。特に、水素エネルギーで動く水素自動車燃料電池自動車の普及には、水素エネルギーを供給できる水素ステーションの普及が必要になります。

 - 電気・電力用語集