電力自由化をわかりやすく【エネスケが行く】突撃!隣の電気料金

「電力自由化」総合メディア|電力会社や電気料金プランの比較・選び方、節電方法、エネルギー問題など幅広くご提供

energy_support20

沖縄電力は「託送料金」を割高に設定?

新電力会社の参入を促すためには、既存の電力会社の電線(送配電網)をレンタルしないといけませんが、そのレンタル料をめぐっていろんな論争がありますね。

エネスケくん、今朝のニュースで「託送料金」っていう言葉を聞いたわ。

沖縄電力や北陸電力、中国電力の3つの一般電気事業者が、託送料金を経産省に申請したというニュースだよね。

「託送料金」って何なの?

参考:>>>「託送供給等約款」の認可申請について(沖縄電力株式会社)

電力の自由競争のためには「送配電網」の貸し出しが最重要ポイント

PPS、つまり新しい電力会社は2015年7月時点で700社以上が立ち上がる可能性があるのだけど、これらの会社が全部、町中に電線をひいたらめちゃくちゃなことになるよね。

そ、それはたいへんね(汗)町中電柱だらけになっちゃうわね。

post-45_1

そう、だからPPSは一般電気事業者・・・つまり既存の電力会社の送配電網、まあ平たく言うと送電線を借りることになるんだ。

うん、それがいいわね。でも、既存の電力会社って東京電力とか関西電力とか、沖縄電力を入れても10電力会社よね。PPSとはライバルになるから送電線なんか貸したくないんじゃないの?

もちろん、電力小売の自由化に伴い、完全な自由競争ということになってしまえば、既存電力会社が電線を貸すなんてばかばかしいことはしないよね。でもそれじゃ電力会社同士の健全な競争がかえって起こらないから、「既存電力会社は送配電網をPPSに貸してあげなさい」ということになっているんだよ。

そういえばこないだ教えてくれた「発送電の分離」というのも、PPSが電力事業に参入しやすくするためのルールのひとつなのよね?
参考:>>>電力自由化最大のポイント「発送電の分離」とは?

お〜セっちゃんよく覚えてたね!今また説明しようとしてたところだよ。

あ、でも中身はちゃんと覚えていないけど!既存の電力会社の発電部門と送電部門を切り離して、・・・そのあとどうするんだっけ?

送電用の別会社と既存の電力会社が完全に独立しちゃえば、送電会社は東京電力に電線を貸そうが関西電力に電線を貸そうが、PPSに貸そうが自由になるでしょ。

post-45_2

あ、そうだったわね!電線を独占させないように、会社ごとわけちゃうのね。

それは「発送電の所有権分離」と言っていちばん思いっきり分離するパターンだね。ヨーロッパはこの方法を採用した。他にもいろいろあって、現在日本が模索しているのは「法的分離」というものなんだけど、所有権分離と比べるとだいぶマイルドで、抵抗も比較的少なく導入しやすいとは言われているね。

沖縄電力では託送料金が10円/kWhを超えてきた!

なんかそのニュースでは、沖縄電力だけ他の電力会社より託送料金が高いって言ってたわ。これって沖縄ではPPSは電力事業に参入しにくくなるっていうことなの?

そういうことになるね。たとえば託送料金が8円/kWhか10円/kWhかによって、PPSの取り分は2kWhも変わってくることになるからね。

なんだか、たった2円だとそんなたいした違いがあるような気がしないわね・・・

気持ちはわかるけどね(笑)。でも、セっちゃんのご主人は総合商社で年収もいいんだと思うけど、その年収が20%もダウンしたら生活はどうなる?

そ、それはたいへんなことになるわよ!!そうか、20%って考えるとかなり大きな違いなのね・・・

北陸電力は8.08円/kWh、中国電力は8.45円/kWhとなっているね。これに対して沖縄電力は11.50円/kWh。20%以上の差になっている。

でも沖縄って、もともとそんなにたくさんPPSの会社は参入しなそうね。狭いもん。

そうだね。とはいっても「全国展開」を予定している会社を含めて考えれば数十社は参入が見込まれているよ。

そうなのね。沖縄に住んでいる人たちも日本のルールの恩恵は受けるべきだと思うし、託送料金もうちょっとなんとかなればいいのにね。

託送料金はどうやって決まる?

これってもう沖縄電力が11.50円/kWhだ!って言ったらもうそれで決まりなの?

まさか!まだ経済産業省資源エネルギー庁に申請を出したところだよ。庁内で適正と認められなければ申請は却下となって再申請になるね。

それはそうよね、じゃないと言い値になっちゃうもんね。

沖縄電力の言い分としては、「離島もあるし本土と融通し合えるわけでもないからしょうがないでしょ」ということみたいだ。これが認められるかどうかはこのあと決まっていくことになるね。

参考:7/31に関西電力は託送料金を1kWhあたり7.86円で、東北電力は9.76円申請しました。
>>>託送供給等約款の認可申請について(関西電力株式会社)
>>>「託送供給等約款」の認可申請について(東北電力株式会社)

 - 最新!電力ニュース , , , ,