電力自由化をわかりやすく【エネスケが行く】突撃!隣の電気料金

「電力自由化」総合メディア|電力会社や電気料金プランの比較・選び方、節電方法、エネルギー問題など幅広くご提供

電気自動車とは

電気自動車とは、電気をエネルギー源として、電動モーターを回転させることで動く自動車のことで、英語表記のElectric Vehicleを略してEVと呼ばれることも多いです。ガソリン車と比較すると、ガソリンを使わないということで資源が普遍的になり、走行中に二酸化炭素を排出しないという利点があるため、注目が高まっています。

ガソリン車の燃料タンクの代わりに、電気自動車には電気をためておく蓄電池が搭載されています。最近では、エネルギー密度や寿命の点で優れたニッケル水素電池やリチウムイオン電池が使われています。

電気自動車は、車体に電気プラグを差し込んで充電します。一般家庭用の100V 電源でも充電が可能なため、ガソリン車におけるガソリンスタンドのような、決まった燃料補給場所を必要としません。また、現在、夜間には使われない余剰電力というものが発生していますが、それを電気自動車の充電に使うことで電気のムダを減らすことも可能になります。

その他にも多くのメリットを持っています。たとえば、ガソリン車では停車中にエンジンがアイドリング状態になるため、動いていないときでもエネルギーを消費しますが、電気自動車では停止中のエネルギー消費は一切ありません。また、事故を起こしたときに発火の原因になるガソリンを積んでいないために、事故の際の火災の危険性が少ないというメリットもあります。

さらに、近年注目されている電気自動車の使い方として、家庭用の蓄電池として用いるというものがあります。電気自動車に貯められる電気の量は、一般的な家庭が2日間で消費する電力量だと言われていて、地震や停電などの緊急時の電気を、電気自動車から取り出して使用するという使い方が考えられているのです。

課題としては、一度の充電で走ることのできる距離、航続距離に限界があることが挙げられます。それを受けて、さらに容量の大きな蓄電池や、充電時間を速くするシステムの開発が進められています。

 - 電気・電力用語集