電力自由化をわかりやすく【エネスケが行く】突撃!隣の電気料金

「電力自由化」総合メディア|電力会社や電気料金プランの比較・選び方、節電方法、エネルギー問題など幅広くご提供

ene01_hanten

当サイトについて

当サイト「エネスケが行くー突撃!隣の電気料金」は、以下のような方のためのサイトです。

・うちの電気料金がなんだか高いような気がする・・・
・最近、電気料金が値上がりしてしまったけど、これは妥当なのかな・・・
・オール電化や売電に興味があるけど、導入してうまくいくのかな・・・
・電力が自由化されたら、どこの会社から電気を買うのがお得なのだろう・・・

2011年の東日本大震災や福島第一原発の事故以来、電力エネルギー問題への国民の関心は一気に高まりました。世論の高まりが後押しする形で、2016年4月には電力小売は全面自由化されることになっています。

こうした大きな動きに対し、東京電力や関西電力といった既存の「一般電気事業者」だけでなく、「新電力」と言われるPPSも大きな転換点を迎えています。東京電力とソフトバンクの提携交渉、東京ガスと東北電力の業務提携、関西電力とKDDI、中部電力とINPEXなど、毎日のように提携のニュースが流れていますね。

また、新電力大手のエネットやダイヤモンドパワー、燃料調達能力に長けた丸紅ほか総合商社の動きからも目が離せません。スマートメーターやHEMSなどシステム関連のニーズも高まっていくでしょうから、IT企業にとっても大きなチャンスになるのではないでしょうか。2017年のガス小売の自由化もにらんで、総合エネルギー企業を目指して中小のエネルギー関連企業を買収しまくる会社も出てくるかもしれません。

なにせ、総額20兆円とも言われる巨大市場です!

東日本大震災以降、日本が抱える電力エネルギー問題

そんな中、私たち国民の生活はどうなっていくのでしょうか?電気を販売する会社が増え、自由競争が始まるのであれば、サービスは向上し電気料金は安くなりそうなものですが・・・

一方で、日本は電力エネルギー分野に様々な課題を抱えています。東日本大震災以降、私たちは90%の電力を火力発電に頼ってしまっている状態です。電力会社の収益は化石燃料の価格に非常に大きく左右されてしまっています。電気料金は上がり続けていますし、何より火力発電により温室効果ガス排出などの環境破壊はどんどん進んでしまっています。原発事故の補償問題はまだ終わっていない上、原発再稼働についても議論は尽くされているとは言い難いでしょう。

また、再生可能エネルギーの普及も一筋縄にはいきません。エネルギー自給率の低い日本にとって、国際競争力を高めていくためにも太陽光発電や風力発電の普及は急務ですが、これにも火力発電以上の発電コストがかかってしまうのが現状。コスト以外にも課題は山積しています。

電力小売の全面自由化で、電気料金は本当に安くなるの?

自由化をきっかけに価格競争やサービス競争にさらされるとなれば、電力会社も並みの企業努力では競争には勝てないでしょう。ただでさえこれまで地域独占総括原価方式に守られてきた企業ばかりです。相当な合理化が求められることになります。はたして発電コストがここまで上がっている中、大手企業はこれに耐えてそれでも健全に成長していくことはできるのでしょうか。

他にも、託送料金設定の問題やセット割の独占禁止法問題など、活発な自由競争が阻害されてしまいそうな問題もあります。アメリカでは電力自由化後、電力会社の倒産や撤退が相次ぎ、大規模停電に発展したという事例もありました。

このように、電力小売が全面的に自由化されても、単純に電気料金の値下げ合戦がはじまってサービスが向上し、国民の生活が豊かになるとも限らない状況がたくさんあります。私たち国民自身も、電力やエネルギーに関する知識を深め、適切に電力会社を選択できるようにならないといけませんね。

当サイトは、日本全国8,400万世帯の一般家庭(低圧)ならびに店舗や旅館・ビル等の経営(高圧)をされている方に、電力・エネルギー問題をわかりやすく噛み砕き、また省エネや節電のお話をお伝えすることをミッションとしています。今後ますます高まってくる電力・エネルギー関連への興味関心に応えられる、日本国民全体のエネルギーリテラシーを高められるようなメディア運営を目指して参ります。

 - 当サイトについて