電力自由化をわかりやすく【エネスケが行く】突撃!隣の電気料金

「電力自由化」総合メディア|電力会社や電気料金プランの比較・選び方、節電方法、エネルギー問題など幅広くご提供

EMSとは

EMSとは、エネルギーマネジメントシステムの略称で、エネルギー消費をつかさどる様々な機器をITシステムで連携させ、それらを自動で制御して最適な状態で運転することで省エネルギー化を実現できるシステムのことです。

EMSは、用途によってそれぞれ呼び名が異なり、各家庭に導入するEMSをHEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)、ビルに導入するEMSをBEMS(ビルエネルギーマネジメントシステム)、さらには集合住宅全体をつかさどるEMSをMEMS(マンションエネルギーマネジメントシステム)などと呼びます。

各家庭で用いるHEMSを例にとると、HEMSの主な役割は、エネルギーの自動制御とエネルギーの見える化という2つがあります。

エネルギーの自動制御を行うメリットは、たとえば事前に設定していた電力消費量を超えてしまった場合は自動で機器のオフができるなど、電力の節約を自動で行うことができるところにあります。また、エネルギーの見える化を実現するメリットとしては、各家庭における節電意識を向上させることができるということが挙げられます。

様々なメーカーがEMSの開発に取り組んでいますが、なかなか普及が進まない原因として、EMSを導入することによるコストメリットが明確でないことが指摘されています。

 - 電気・電力用語集