電力自由化をわかりやすく【エネスケが行く】突撃!隣の電気料金

「電力自由化」総合メディア|電力会社や電気料金プランの比較・選び方、節電方法、エネルギー問題など幅広くご提供

kasekinenryo88_150

化石燃料依存度88%?海外情勢に翻弄される日本の電力エネルギー

風力や太陽光などの再生可能エネルギーが「使い物にならない」と言う人たちの中には、「供給量が安定しない」ということを理由に語る人は多いですね。

風がいつどのぐらい吹くのか、太陽の光がどのぐらいの強さと長さで降り注ぐのかなどなど、天候はコントロールできないもんね。

まさに「風まかせ」だね(笑)

いやいやうまいこと言ってる場合じゃないわよエネスケくん!

原油価格は10年で7倍になっている?!

kasekinenryo88

でも、ちょっとこの図を見て。これは資源エネルギー庁で公表されている過去35年ほどの化石燃料の価格の推移なんだ。

バレルってあんまり馴染みがないけど原油の量を測る単位かしら。原油1バレルあたりの金額がものすごい勢いで上下してるわ・・・(汗)

うん。たとえば湾岸戦争が起こった1990年、戦争前と比べて原油の価格はドルに対しておよそ2倍に跳ね上がったんだよ。

中東の情勢が悪化すると原油価格が高騰するのはものすごくイメージが湧くわ。ガソリン代がまた上がってる〜なんてうちのダンナもぼやいてる。

その後、原油価格は戦争前の水準に戻っているのだけど・・・ニューヨークの同時多発テロやそれに伴うアメリカのイラク侵攻あたりからまた1バレル40ドルを超え始める。

2008年には1バレル140ドル・・・たった10年間で7~8倍になってしまっているのね。これって電気代の原価が10倍になってるのと同じなのかしら・・・そしてすぐに暴落しているわ。わけわかんない。

現在、この石油石炭天然ガスといった化石燃料による火力発電に、日本は90%近くの電力エネルギーを依存しているというのは無視できない事実だよね。

依存度の高い2つの海峡・・・途絶リスクと海賊リスク

電力の元となるエネルギーは、「どの国から輸入しているか」が重要なだけじゃないんだ。同じかそれ以上に重要なのは、「どういうルートを通って日本に運ばれてくるか」。

ルート?最短を通ってくればいいわけじゃないの?天候の問題とか?

いや、ルートといっても、「海峡」そして「運河」のことだよ。

運河とか海峡って・・・海の中でも島と島の間の細いところ?

kasekinenryo88_2

うん。運河や海峡のように船の通り道が細いところというのは、ちょっとしたことですぐ通れなくなってしまうリスクがある。

図を見ると、海賊マークがあるけど・・・(汗)海賊ってまさかマンガじゃあるまいし、冗談じゃないの?

これが残念ながら、マンガや映画の中だけの話ではないんだよ。海賊も高度化しているようで(汗)、ほとんど彼らにとってはビジネスなんだ。エネルギー燃料に限った話ではなく、海峡を通る際には重要なものを大量に運んでいるタンカーは常に海賊に襲われるリスクがあるんだよ。怖いね。

資源を運ぶのも命がけですね・・・

今、アジアの中でもミャンマーが注目されているよね。インドや中東との物資輸送では、陸路でミャンマーを通過することができればこの危険なマラッカ海峡を回避することができるというのもポイントみたい。そして海賊よりもっとリスクが大きいのは、やはりその海峡を仕切っている国との国際関係だね。

80%以上を依存している海峡があるなんて、ものすごいリスクじゃない・・・よくよく見ると第1次石油危機や第2次石油危機、湾岸戦争やイラク戦争などでホルムズ海峡はしょっちゅう途絶されちゃっているのね。

国際関係の悪化や現地での紛争の勃発などにより、一時的にその海峡を通れなくなってしまうことが、実際に起こっている。

その度に化石燃料の価格があがって電気料金やガソリン価格が上がっていたら、一般家庭もたいへんですね。

もちろん製造業や運輸業など、日本の根幹となる産業も大きなリスクにさらされることになってしまうしね。太陽光や風力での発電も、必ずしも安定したエネルギー源にならないかもしれないけど、やはり国際情勢に左右されないエネルギー源として可能性は模索していかないといけないね。

 - 再生可能エネルギー ,