電力自由化をわかりやすく【エネスケが行く】突撃!隣の電気料金

「電力自由化」総合メディア|電力会社や電気料金プランの比較・選び方、節電方法、エネルギー問題など幅広くご提供

LNG(液化天然ガス)とは

LNGとは「液化天然ガス」の略語で、天然ガスを低温に冷やすことで無色透明の液体にしたものを言います。天然ガスは、メタンやエタンといった質量の小さな有機ガスが主成分となっています。生物の死骸やプランクトンなどが地圧によって圧縮することで石油となり、その油分が蒸発して生成されます。

LNGは天然ガスを約-162℃まで冷却することで得られますが、そうすることで天然ガスに比べて体積が約600分の1にまで圧縮されます。このことを利用して、今までは輸送がしにくかった天然ガスをLNGという形で船に乗せて海外から日本へと輸入することが可能となりました。

LNGは、火力発電所の燃料として用いられています。LNGを使用するメリットとしては、燃焼したときに排出される二酸化炭素や窒素酸化物の量が、石炭や石油などの他の化石燃料と比べて少ないということが挙げられます。

また、石油は産出国が一部の地域に限定されているのに対し、天然ガスは世界中の様々な地域で産出されているため、値段も石油よりLNGの方が安く、なおかつ供給の安定性で見ても石油よりLNGが優れています。このため私たちの電気料金はLNG価格に直接左右されることとなります。

LNGの課題としては、極低温に保っておかなければ気化してしまうため、貯蔵に向かないということが挙げられます。

 - 電気・電力用語集 , ,