格安SIMでも口座振替できるの?おすすめ2社と失敗しないための注意点

2d47b7df0ada57c292a3d021635b0f19_s
Re9
 
Re9
 

格安SIMでも口座振替可能!おすすめの2社を紹介

2d47b7df0ada57c292a3d021635b0f19_s

通常クレジットカード決済が一般的な格安SIMですが、その中でも口座振替が可能な格安SIM会社もあります。本記事では口座振替できるMVNO2社をご紹介します。

楽天モバイル

使った分だけ楽天スーパーポイントが貯まりショッピングや携帯代金の支払いに使えるお得な楽天モバイル。支払い方法は「クレジットカード」「口座振替」「デビットカード」「楽天スーパーポイント支払い」と幅広く対応しています。

口座振替の場合、端末代金は前払いとなり先に支払う必要があります。月々の通信・通話料の支払いだけに対応しています。また、注意点として「引き落とし手数料100円(税別)が毎月かかる」というデメリットがあります。格安SIMは基本料金自体が安いため100円の手数料を高いと思う方は少ないでしょうが、事前に知っておきたいポイントですね。

口座振替する際に利用できる金融機関はとても多いので、「自分の契約している銀行口座は大丈夫だろうか」と心配する必要はありません。大手銀行はもちろん、多くの地方銀行や地方信用金庫が利用可能なため安心です。

以下に口座振替が利用可能な金融機関の代表的なものを紹介します。

口座振替できる金融機関

・楽天銀行

・ゆうちょ銀行

・信用金庫

・セブン銀行

・みずほ銀行

・三菱東京UFJ銀行

・三井住友銀行

・住信SBIネット銀行

・イオン銀行

・りそな銀行

・埼玉りそな銀行

・じぶん銀行

・ジャパンネット銀行

・ソニー銀行

・新生銀行 ほか

新規登録する場合、申込時に「お支払い方法」で「口座振替」を選択して「口座情報の登録へ」を押します。続いて口座振替受付サービスで希望する金融機関名を登録します。選んだ金融機関が表示された口座情報の登録をします。

BIGLOBESIM

エンタメフリー・オプションで指定の動画・音楽コンテンツがデータ通信量の制限なく見放題になるBIGLOBEの格安SIMです。家族で利用できるシェアSIMであれば子供が動画や音楽を再生し過ぎて大人の利用するデータ通信量が圧迫されてしまうという心配もないのがメリットのMVNOです。

BIGLOBESIMも金融機関での口座振替で基本使用料を支払うことができます。注意点は大手銀行と地方銀行は利用できますが、信用金庫はほとんど利用できない点です。

以下に利用できる大手銀行の一覧を示します。

支払い登録のできる金融機関一覧

・みずほ銀行

・三菱東京UFJ銀行

・三井住友銀行

・りそな銀行

・埼玉りそな銀行

・ジャパンネット銀行

・楽天銀行

・住信SBIネット銀行

・セブン銀行

・ソニー銀行

・イオン銀行

・新生銀行

・ゆうちょ銀行

・労働金庫連合会 ほか

 口座振替は毎月26日に自動引き落としされます。また、格安SIMの使用料金の他に、口座振替手数料として毎月200円(税別)がかかります。

書面による登録方法は少し手間が必要です。口座振替での利用を申し込んだ場合、申し込み完了後に送られてくる会員証に併せて「支払方法登録申込書」が同梱されています。そちらの書類の必要事項を記入して10日以内に返送します。登録完了後、最短2日最長でも1週間程度でSIMカードが送られてきます。

Webでの受付を希望する場合は、BIGLOBE IDとパスワードを使って会員ページにログインします。ただし、未成年者や契約者以外の家族名義の口座を利用したい場合は郵送での手続きしか対応していません。

格安SIMってどうしてクレジットカード対応が多いの?その理由を解説

格安SIMは基本料金が安く魅力いっぱいのサービスです。中学生や高校生、大学生といった学生から年配の方まで幅広く多くの方が格安SIMを契約したいと思ったことがあります。しかし、調べていくと「支払いはクレジットカードのみ」と記載されていて仕方なくあきらめたという経験がしたことのある方も少なくありません。では、どうしてクレジットカードしかダメだという格安SIM会社ばかりなのでしょうか。

その理由は格安SIM会社のサービス形態にあります。格安SIM会社は正式にはMVNOと言われていますが、MVNOとは「仮想移動体通信事業者」という意味です。このMVNOは、3大キャリアと呼ばれるauやdocomo、softbankのように自社の無線通信回線設備を持っていません。もっと簡単に言うと自社の電波塔を持っていません。代わりにdocomoやauの回線網を借りて格安SIMサービスを展開しています。

つまり、電波塔の設置や開発・整備等をおこなう必要性がないかわりに、MVNOもレンタルしている回線網を持つauやdocomoに月々の回線使用料を支払わなければならないのです。

クレジットカードを利用した決済方法であれば、利用料金を回収しそこなうことがありません。仮に支払いが滞った利用者がいたとしても、回収業者がしっかりと利用料を回収してくれます。

もし口座振替での決済方法を導入していたら、それこそ延滞された利用料の回収に人件費や労力、時間がかかってしまいます。そのようなコストを大幅にカットするためにもクレジットカード決済のみでサービスを提供しているMVNOが多いと考えられます。

ただし、クレジットカードではなくデビットカードにも対応しているMVNOもあります。デビットカードとは口座の中の残金以上は使えないカードです。その為、デビットカードを利用する際には常に口座の中に利用したい分の金額が預金されてある必要があります。デビットカードにも対応しているMVNOは「楽天モバイル」です。

ただし、デビットカードを利用する際、新規契約で端末も一緒に購入する場合は端末価格を分割払いすることができないため注意が必要です。端末価格を一括で支払う場合はデビットカードで支払うことが可能です。

口座振替を選択する際の注意点3つ

029145721d1eb58cd493c525d6f79bc7_s

クレジットカード決済ができるのであれば本記事で紹介したMVNO以外の契約もできるので選択の幅が増えるのですが、なるべくクレジットカードを利用したくないという方は口座振替できる事業者を選ぶしかありません。しかし、本記事を読みながらも気付いた方がいるかと思いますが、口座振替で決済をするMVNOを契約する場合は注意しておくべき点が3つあります。

手数料がかかる場合がある

紹介したMVNOも100円もしくは200円の手数料がかかると説明しました。大手キャリアの基本料金と比較した場合、格安SIMの料金と手数料を足しても大手キャリアよりも安く使えるため十分お得に利用できることが分かります。クレジットカードを使わなければならないというデメリットと比較しても、たった100円200円の手数料なら安いものだと思う方もいるでしょう。

指定の金融機関以外は利用できない

指定された金融機関の口座を持っていなければわざわざ新規で口座開設をしなければならない可能性もあります。ただし、地方銀行やゆうちょ銀行など身近な口座が指定金融機関として登録されているため、「新たに口座開設しなければならない」といった人は多くはないのではないでしょうか。おそらく、お給料を振り込まれている銀行口座やお年玉を貯金している銀行口座は対応した金融機関の口座なのではないでしょうか。

データ通信専用SIMでしか利用できない場合がある

前述したBIGLOBESIMはデータSIMのみの申し込みでないと口座振替できないと記載されていました。制限がある場合があるので公式サイトをよく確認して、分からないことがある場合は電話で問い合わせてみる等する必要があるかもしれません。

データ通信専用SIMしか利用できない場合も、考えようによっては月々のスマホ料金を節約することができます。筆者は、docomoのガラケーとMVNOの格安SIMの2台持ちなのですが、docomo回線は音声通話のみの契約をしています。月額934円だけですが家族間は無料で会話できて月々25分の無料通話もついています。

MVNOは、月々1,600円くらいで音声通話付きのデータ容量3GBの契約ですが音声通話は全く使っていません。データ通信専用SIMだけで十分だと思っています。2台持ちが嫌だという方はデュアルSIM・デュアルスタンバイのSIMフリースマホを購入してSIMカードを2枚挿しすれば1台2役で利用できます。

クレジットカード決済を避けて口座振替の格安SIMを契約する場合もちょっと工夫するだけでお得に月々のスマホ代を下げることが可能です。

「携帯・スマホ・タブレットの節約」新着記事

データ容量無制限の格安SIMはどれ?おすすめ3社と料金・速度を解説

データ容量無制限が使える格安SIM会社は3つ!それぞれの特徴と料金を解説 データ容量無制限とは、低速通信により容量無制限でインターネットを利 ...

携帯・スマホ・タブレットの節約

710b50229cea1ec2df2498d98948f5b6_s

LINEモバイルの申し込み方法は?契約手順と3つの注意点

要確認!LINEモバイルの申し込みでの注意点3つ 格安SIMの契約をする際に、どのMVNOがいいか悩んだ末に、LINEモバイルで契約しようと ...

携帯・スマホ・タブレットの節約 節約系連載記事

77f7fc037f6203d76f7923cdcc2bc277_s

UQモバイルのデメリット3つとそれでも契約したくなるメリット3つ

2017年版!UQモバイルのデメリットはたったの3つ 数あるMVNOの中でもUQモバイルで契約したいと思っている方は公式ページや比較サイトで ...

携帯・スマホ・タブレットの節約 節約系連載記事

2d4053bbd088af9bcb921b99ce7a87d3_s

楽天モバイルの格安SIM!5つの気を付けるべき注意点とは?

2017年版!楽天モバイルのデメリットはたったの5つ!対して問題はない…? 数あるMVNOの中から話題の格安SIMを選ぶ場合、どの通信会社も ...

携帯・スマホ・タブレットの節約 節約系連載記事

57f11fcfad14636377af1d17b13d8d31_s

au回線が使える格安SIM会社は?おすすめ4社とiPhoneの対応機種を紹介

au回線の格安SIM会社を紹介!会社別の特徴とプランを解説 現在auの端末を使っている方が格安SIMを契約する際は、そのままau端末を使えた ...

携帯・スマホ・タブレットの節約

7e7c81257296366acea3614725e1959f_s

UQモバイル契約とMNP転入の手順・注意点ほかお得なキャンペーン情報 

簡単3ステップ!UQモバイルのMNPの方法を解説 UQモバイルの契約を考えている方が、これまで利用していた電話番号をそのまま引き継ぎたいとい ...

携帯・スマホ・タブレットの節約 節約系連載記事

b8e534d0b4eb1805cd6cce879ef9bb25_s

おすすめ記事

人気記事ランキング

1エアコン24時間つけっぱなしで電気代節約ってウソ?

1221348view

title_img_937

2夏はエアコン24時間つけっぱなしが電気代が安い? 賢く冷房費節約

950495view

title_img_5999

3床暖房のガス代節約はつけっぱなしがお得?エアコンの電気代との比較も!

607958view

pixta_13317206_m

4液晶テレビの寿命年数は何年?

603742view

title_img_17053

5電気を止められたら復旧まで●時間!?最速で送電を再開するには?

413659view

title_img_1827

6オール電化とガスを比較!メリット・デメリットまとめ!賃貸料金にも差が?

280218view

title_img_3739

会員登録で楽しく節約!

カテゴリー一覧

話題のテーマ