自動車保険は等級継承で安くなる!多くの人が勘違いしている等級の話

aeaa03c1faf5d2925be8aaa94000170a_s
Re9
 
Re9
 

勘違いしていない?等級は「人」ではなく「車」にかかること

aeaa03c1faf5d2925be8aaa94000170a_s

自動車保険を契約した時やマイカーを購入した時に書面に書かれていたり担当者が口にしたりする「等級」という言葉がります。「等級の数値が高くなると保険が安くなる」ということや、「事故をしてしまうと等級が下がってしまう」ということは何となくご存知でしょう。しかし、「詳しく知っていますか」と聞かれると「それ以上のことは知らない」と答える方は少なくありません。

そのため「事故をすると等級が下がる」という知識から、「等級=運転スキル」と思っていたり、「等級=ドライバーのランクを示すもの」と思っていたり、大きな勘違いをしているケースがあります。

正しい等級の知識をつけることで、自動車保険を賢く節約することができます。本記事を読むことで等級について学び、月々の保険料を大きく下げる可能性を手に入れることができます。

等級のおさらい!意外に勘違いしているところはないですか?

等級で保険料を割引・割増する制度を「等級制度」と言います。等級制度は1級から20級の20段階があり、初めは6等級からスタートします。1年間無事故であれば次年度等級が1つ上がり、保険料も割引率が高くなります。逆に交通事故を起こして保険を使った場合、次年度の等級は下がってしまいます。

また、等級の割引率は「無事故」と「事故あり」でも異なります。もちろん、同じ等級でも「無事故」の方が割引率は高くお得です。1年度毎に等級が1つ上がるという話をしましたが、一度保険を使う事故を起こした場合、元の等級に戻るまでに3年間かかります。その3年間は「事故あり」の割引率のため、保険料の割引率が低い状態です。

なお、一番割引率の高い20等級では「無事故」の場合63%引き、「事故あり」の場合は44%引きの割引率となります。この数値は各社で異なる可能性があるため目安として参考にしてください。目安の数値を見ても無事故の方が断然お得なことが分かりますね。

この等級制度はノンフリート等級と言いますが、多くの自動車保険会社が採用している制度です。事故後に保険会社を乗り換えする場合もその時の等級や「事故あり」の割増引率が引き継がれます。他にも、「事故あり」の状態で再度保険を使うような交通事故を起こした場合は、そこから更に3等級下がります。「事故あり」の割増引率も上限6年としてプラス3年が加算されてしまいます。

事故を起こしたときに、なんと3等級も下がることも!

事故を起こした際の等級ダウンは次の3種類に分類されます。車両保険や対人賠償保険を利用せずケガなどを対象とした人身傷害保険金のみが支払われるケースまたは弁護士費用のみが支払われるケースの事故は「ノーカウント事故」と言われ等級は下がりません。

車両保険を利用する理由が物の落下やこちらに非のない衝突事故、盗難によるものである場合は「1等級ダウン事故」として扱われます。これら2つに該当しない、相手にケガをさせてしまった場合や過失運転による物損事故などは「3等級ダウン事故」となります。

保険を使った事故が起きた場合に等級は下がってしまうのですが、「自分の過失ではなく、相手が悪い場合でも保険を利用すれば当然等級は下がってしまう」ということになるので注意しましょう。

1対9で相手が9割負担の事故だったとしても、保険を利用することで結果的に次年度以降の保険料が高くなってしまいます。とても損をした気分になりますね。日頃から運転はぶつからないように注意するだけでなく、ぶつかられないようにも注意して運転する必要もあります。

等級の継承は、生活費の節約になる?!

335886c3d4b9ca6af8c4c6e94d946c91_s

ここまで等級について説明してきましたが、等級は家族間で引き継ぐことができます。これを「等級継承」と言います。通常であれば1年毎に1等級しかアップできないのですが、この等級継承を使うとショートカットして一気に上位の等級になることが可能です。どれ程お得なのかについて説明していきます。

等級によって、最大8万円も保険料がお得になる!

例えばお父さんの契約している自動車保険の等級が20等級であったとします。息子が成人してマイカーを購入した際、はじめて保険に入るとすると6等級からのスタートとなります。6等級は割引率が低く月々の保険料も高いため月々の負担は大きいままです。

しかし、等級継承を行えば、子供の加入している自動車保険の等級が上がり保険料が少なくなります。お父さんは年齢が高いため加入する保険も20代の方よりも安くなります。更にゴールド免許であれば免許割引によって更にお得に自動車保険を契約することが可能です。

このように上手に等級継承できれば最大で8万円程度保険料を下げることも可能です。下がった分のお金は新車を購入する際に内装のグレードを上げる足しにしたり、家族旅行の旅費にまわしたりするなどご褒美として使えますね。

等級のトラブルでカギとなる、記名被保険者とは

1664bb3366fe906cf2669d80d4d6f4f7_s

はじめにも話した「等級=運転スキル」と勘違いする方が多いその理由は、自動車保険を契約する際に「車を主として使用する人物」の設定が必要だからです。自動車保険は自動車に対する保険なのに運転者を登録する必要があるため困惑してしまいます。この登録される人のことを「記名被保険者」と言います。この記名被保険者を誰にするかで保険料が変わってくるため、契約時には注意が必要です。

また、保険料の見直しをする際や等級継承をする際にもこの記名被保険者がキーパーソンとなります。例えば、記名被保険者の年齢が低いとその分自動車保険の保険料は高くなります。年齢制限で「26歳以上」や「35歳以上」といった割引率の高い条件を設定できなくなるからです。他にも記名被保険者が「本人しか保証しない」という条件で契約している場合は配偶者や家族はその車を運転できません。

他にも、等級継承をおこなう場合、記名被保険者が単身者である場合に継承できないというデメリットがあります。等級継承で等級を引き継ぐ場合、継承できる範囲は契約者の配偶者、契約者の同居の親族(6親等内の血族)、そして配偶者の同居の親族(3親等内の姻族)と限られています。

しっかり理解しておくと、別居でも引き継ぎ可能になる場合も!

等級継承は例え親子であっても別居していると引き継ぐことができなくなります。その為、大学や専門学校に通う為に子供が実家から県外に引っ越してしまい別居家族となった後などは等級継承ができなくなります。

その為、高校卒業時に車の免許を取った子供に等級継承をしたい場合は、別居前に引き継ぐ必要があります。住所が変わったとしても住民票を引っ越し先の役所に移す前であれば手続きできるかもしれませんが、保険会社からすると契約条件を満たしていない状況での手続きはしたがらない可能性が高いでしょう。

一括見積もりで判断するほうがお得

また、等級継承する際は自動車保険の満期日から7日以内にします。それよりも前に引き継ぐ場合、等級が据え置きになり1等級アップできません。保険料をおさえてお得に自動車保険を契約するために、流れとしてはまず更新時期の満期日を狙うべきです。

また、満期日のタイミングで契約内容を見直すのであれば契約条件や補償内容、サービス等を見直すことも自動車保険を安くできる可能性につながります。一括見積もりをして契約者に一番合った自動車保険を選ぶことが一番お得です。気になった保険会社があればそこに等級継承の相談をしてみるのも良いかもしれませんね。

「保険見直しで節約」新着記事

自動車保険が高い!保険が高い理由と安くするための方法3つ

自動車保険料が高い会社 自動車保険料は保険会社によって差があります。最近はテレビのCMやインターネットの広告で安い保険料や10,000円のイ ...

保険見直しで節約

5f7379ba2228551dd75e088c7fdfeade_s

自動車保険の様々な変更方法

知らなかった!保険料を安くするなら代理店はいらない!? 代理店型自動車保険会社と言えば、三井住友海上や東京海上日動、日本興亜損保、富士火災な ...

保険見直しで節約

8d2e7f51155fb45a7ad8535e8d626f94_s

自動車保険の補償内容を選ぶ基準!3分でできる保険料の節約術

自動車保険の補償内容を選ぶ基準 自動車保険を選ぶ際に見積もりの時点で補償内容に悩まされたという方は少なくありません。申込みする時点で、どのよ ...

保険見直しで節約

029145721d1eb58cd493c525d6f79bc7_s

料率クラスで自動車保険が変わる!保険料を安くする4つの方法

料率クラスの仕組みを理解しましょう 「事故を起こしたわけでもないに、なぜか自動車保険の金額が少し増えている」といった疑問を抱いている方がいま ...

保険見直しで節約

e31f36e1593b36218975e8d813072ded_s

自動車保険の価格相場はいくら?保険料をランキング形式で比較

自動車保険料の価格相場 自動車保険料の相場を知りたいと思ってインターネットで調べてみても、自分に合った条件の例を見つけることが難しい場合があ ...

保険見直しで節約

2afee5ab2ebc5ab4c93b763d700a272f_s

18歳の自動車保険の相場はいくら?未成年でも保険料を安くする方法

18歳の自動車保険料の相場 18歳になると憧れのマイカーを手に入れることを夢見て自動車学校へ通う学生やフリーターさん。無事に運転免許証を取得 ...

保険見直しで節約

f227984e45ac90d761b62f74d9134514_s

おすすめ記事

人気記事ランキング

1エアコン24時間つけっぱなしで電気代節約ってウソ?

1221350view

title_img_937

2夏はエアコン24時間つけっぱなしが電気代が安い? 賢く冷房費節約

950495view

title_img_5999

3床暖房のガス代節約はつけっぱなしがお得?エアコンの電気代との比較も!

607959view

pixta_13317206_m

4液晶テレビの寿命年数は何年?

603744view

title_img_17053

5電気を止められたら復旧まで●時間!?最速で送電を再開するには?

413659view

title_img_1827

6オール電化とガスを比較!メリット・デメリットまとめ!賃貸料金にも差が?

280219view

title_img_3739

会員登録で楽しく節約!

カテゴリー一覧

話題のテーマ