現在の生活情報39

トップページ その他節約術 > 家電・節電 >  水道を丸一日出しっぱなしで水道料金●●円!?節約方法も!

水道を丸一日出しっぱなしで水道料金●●円!?節約方法も!

公開:2021.8.20更新:2021.8.25

生活の中で水道を使うことといえば、歯磨き・手洗い・洗濯・トイレ・食器洗い・シャワー・お風呂などがあり、さらには車の洗車や打ち水や草花への散水など、さまざまなことに利用しています。

蛇口をひねればいつでも出てくるのが当たり前なので、つい出しっぱなしになることはあるかもしれません。

でもじつはこの水道の出しっぱなしが、かなり水道料金の負担になっていることをご存知でしょうか?

無駄な水道料金がかからないように、出しっぱなしがどれだけの負担になっているか検証してみましょう。

水道を1日出しっぱなしの場合

キッチン

水道を1分間出しっぱなしにしたときの使用水量をここではおよそ10Lとすると、水道料金は約2円のコストがかかっています。

意外と少ないですね。では丸1日出しっぱなしにしてしまった場合はどうでしょうか? 1分で2円だとするとおよそ2,880円も水道料金がかかってしまいます。出しっぱなしには気をつけましょう…。

東京都水道局の家庭実態調査によると、水道を利用している用途別の比率でトイレが28%、お風呂が24%、炊事洗い物に24%、洗濯に16%、そして洗面・手洗い・歯磨きに10%というデータがあります。

特に出しっぱなしの比率が高いお風呂・炊事洗い物・洗面・手洗い・歯磨きを合わせると全体の58%となり、この出しっぱなしをいかになくすかが、水道料金の節約のカギを握っていることになります。

給湯器でお湯を1日出しっぱなしの場合

シャワー

東京ガスの公式ホームページによると、15℃の水温の水を40℃に設定してシャワーを使用した場合、1分間使用したときのガス料金は約5.5円ほどかかるとされています。

シャワーを1分間出しっぱなしにしたときの水道料金は、平均的な水道料金で計算すると約2円ほどかかっています。

ガス料金と合わせると約7.5円のコストがかかり、これを10分間使用すると75円となり、水量もなんと浴槽の満水の半分もの水量を使用することになります。

では1日出しっぱなしにするとどうでしょうか? なんと10,800円もかかってしまう計算になります。恐ろしい結果ですね…

水道料金を節約するにはどうすればいいの?

水道

電気やガスなどと比べたときに、家族が節約の意識をもつことで一番簡単にできて、効果も大きいのが水道料金の節約でしょう。

それぞれ水道を使用したときにどれくらいの水道料金やガス料金がかかっているかを書き出して、使用する場所に掲示しておくだけでも、家族で節水の意識を共有することができます。

またシャワーや洗い物をするところなどに、タイマーや時計を置くことで使用時間を意識することができるので、節水には有効な方法かもしれません。

また水道局や水道屋さんで無料でもらえる「節水コマ」というものがあります。これは水量を調節して節水することができる部品で、蛇口の開度によっては、最大50%もの節水が可能になるので是非試してみましょう。

水の出しっぱなしに気をつけよう!

一人暮らしの場合の節約は、水道に限らず自分が気をつければ済むことですが、家族の人数が多いほど節約することを共有するのはなかなか大変な作業です。

その中でも、比較的節約しやすいのが水道料金なので、まずはこの水の出しっぱなしがどれだけ無駄になっているかを家族で共有するところから始めて、節約につなげていきましょう。